はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2016/07/22
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> OSのインストール >> Fedora17 のインストール手順
■ インデックス
  1. Fedora17 の取得
  2. Fedora17 のインストール
  3. 「あれ!何かおかしいです。」が出た!
  4. Fedora17 のネットワーク設定
  5. Fedora17 の GUI で root ログイン

■ Fedora17 のインストール

ページ切替

このコンテンツは複数ページ構成となっています。以下のページ切替ボタンをクリックしてください。

1
2
3

16. ようこそ(インストール後、初めての起動時のみ)

17. ライセンス同意書

18. 一般ユーザの作成

一般ユーザを作らずに先に進むとサーバにログインできなくなって何もできなくなってしまいます。
上記で「はい(Y)」を選択すると一般ユーザは作られずに先に進んでしまい、管理者(root)でGUIログインする事ができないので注意してください。

19. 日付と時刻

20. ハードウェアプロフィール

21. ログイン画面

22. Gnome画面(ログイン後の画面)

■ 「あれ!何かおかしいです。」が出た!

64bit版の Gnome Desktop Manager でインストールを行うと、32bit版のtouch-screen driver"Caribou"を起動しようとして問題があるとの事。
参照:Fedoraforum.org

対処方法としては、touch-screen driver"Caribou"を削除すれば解決できます。
削除方法は以下の2通りです。

起動時のブートローダにて"e"をクリックし、カーネルの引数(一番最後)にテキストランレベル"3"を追加して起動する。
以下のコマンドを実行し"Caribou"をアンインストールして再起動

# yum remove caribou

もう一つは、他のPCからサーバにターミナルログイン後、同様に管理者権限にてアンインストールを実施し再起動

管理者(root)へスイッチ
$ su -

caribou アンインストール
# yum remove caribou
読み込んだプラグイン:langpacks, presto, refresh-packagekit
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ caribou.x86_64 0:0.4.2-1.fc17 は 削除 です
--> 依存性の処理をしています: caribou(x86-64) のパッケージ: gnome-shell-3.4.1-5.fc17.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ gnome-shell.x86_64 0:3.4.1-5.fc17 は 削除 です
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

============================================================================================================================
 Package                       アーキテクチャ           バージョン                      リポジトリー                   容量
============================================================================================================================
削除中:
 caribou                       x86_64                   0.4.2-1.fc17                    @anaconda-0                   464 k
依存性関連での削除をします:
 gnome-shell                   x86_64                   3.4.1-5.fc17                    @updates                      4.3 M

トランザクションの要約
============================================================================================================================
削除  1 パッケージ (+1 依存するパッケージ)

インストール済み容量: 4.7 M
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
トランザクションのチェックを実行してします。
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
  削除中                  : gnome-shell-3.4.1-5.fc17.x86_64                                                             1/2
  削除中                  : caribou-0.4.2-1.fc17.x86_64                                                                 2/2
  検証中                  : caribou-0.4.2-1.fc17.x86_64                                                                 1/2
  検証中                  : gnome-shell-3.4.1-5.fc17.x86_64                                                             2/2

削除しました:
  caribou.x86_64 0:0.4.2-1.fc17

依存性の削除をしました:
  gnome-shell.x86_64 0:3.4.1-5.fc17

完了しました!

サーバの再起動
# reboot

■ Fedora17 のネットワーク設定

Fedora10より、デフォルトでは「NetworkManager」サービスに変更となりました。
サービス管理は殆どが「systemd services」となり、辛うじて「network」サービスは「SysV services」管理下に存在しています。
今後の流れとして当サイトでは親しみのある「network」サービスを紹介していましたが、「NetworkManager」に移行する事にします。

どうしても「network」サービスを利用したい場合は『Fedora16 のネットワーク設定』にて動作確認していますので参考にしてください。

■ Fedora17 の GUI で root ログイン

GUI画面での管理者(root)ログインは、デフォルトで出来なくなっていますが『Fedora16 の GUI で root ログイン』を実施することで可能となります。

ページ切替

このコンテンツは複数ページ構成となっています。以下のページ切替ボタンをクリックしてください。

1
2
3

■ コンテンツ関連

■ その他

リーズナブルで抜群のスペック。パソコン工房
ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2016 First home server construction. All Right Reserved.