はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> クライアントよりサーバを操作 >> WinSCPによるサーバファイル転送
動作確認 [ FC1 / FC2 / FC3 / FC4 / FC5 / FC6 / Fedora7 / Fedora8 / Fedora9 / Fedora10 / Fedora11 / Fedora12 / Fedora13 / Fedora14 / Fedora15 / Fedora16 / Fedora17 / CentOS4 / CentOS5 / CentOS6 / CentOS7 ]
  1. WinSCPとは・・・
  2. WinSCPの入手
    WinSCP本体の取得
  3. 秘密鍵をWinSCPで使用できるように変換する
  4. WinSCPをインストールする
  5. WinSCPの設定
    WinSCPにサーバ情報を設定
  6. 接続前の準備
  7. WinSCPの起動
  8. 不要サービス(FTP)の停止

■ WinSCPとは・・・

SSH方式によるサーバへの接続(ファイル転送)を提供するフリーのソフトウェア。
WinSCPはSSH1・SSH2共に提供し、Martin Prikryl氏が作成した世界シェアで代表的なファイル転送ソフトウェアです。
サーバにファイルの送受信を行なう場合、SSH2の暗号方式で行いましょう。
ここの操作をするに当たって事前に、『SSHサーバの構築(OpenSSH)』を行っている必要があります。

■ WinSCPの入手

■ WinSCP本体の取得

WinSCP download pageよりInstallation packageをダウンロードします。

■ 秘密鍵をWinSCPで使用できるように変換する

秘密鍵をWinSCPで使用するにはPuTTYgenによるジェネレートが必要です。
PuTTY によるサーバリモート接続[秘密鍵をPuTTYで使用できるように変換する]』のページより秘密鍵を変換してください。

■ WinSCPをインストールする

  1. ダウンロードしたWinSCP本体を実行し、インストールします。
    インストール時の設定は、全てデフォルトで構いません。

■ WinSCPの設定

■ WinSCPにサーバ情報を設定

  1. WinSCPを実行します。


  2. 画面左下にある「詳細設定」のチェックを入れます。


  3. カテゴリ[セッション]の情報を設定

    • DNS名で入力する場合は、LAN内からの接続はDNSサーバの構築済み、WANからの接続はDNS登録済みである事。
    • 『秘密鍵』の指定は、入力欄の右にある"…"ボタンを押下すると選択画面が表示されます。
  4. カテゴリ[SSH]の情報を設定

    • プロトコルの優先順位 : 2
  5. 保存ボタンを押下

    デフォルト名は「ユーザ名@ホスト名」となっています。任意の名前でも保存できるのでわかりやすい名称を入力してOKボタンを押下し構成を保存します。

  6. 登録したサーバのセッション名が一覧に追加されます。

■ 接続前の準備

WANから接続するに当たって、ルータの設定が必要です。
ルータのポート開閉は、ご自分のルータ取扱説明書をご覧ください。

DNS名で接続するには事前にドメイン名の取得を行っている必要があります。(以下は代表的なものであり、また、当サイトが使用させて頂いております)

■ WinSCPの起動

  1. WinSCPを起動し、初めてログインする時だけ、警告画面が出ますが気にする必要はありません。"はい"ボタンを押下しログインしましょう。
  2. パスフレーズの入力画面が出ますのでパスフレーズを入力後、OKボタンを押下して認証が成功すると操作画面が表示されます。
  3. WinSCPの詳細な使用方法については、WinSCPのHELPや紹介サイトをご覧ください。

■ 不要サービス(FTP)の停止

【FC1 から Fedora15 / CentOS4 / CentOS5 / CentOS6 の場合】
vsftpdサービスの停止
# /etc/rc.d/init.d/vsftpd stop
OS起動時にvsFTPDを起動させない
# chkconfig vsftpd off
設定内容を確認
# chkconfig --list vsftpd
vsftpd          0:オフ  1:オフ  2:オフ  3:オフ  4:オフ  5:オフ  6:オフ

【Fedora16以降 / CentOS7 の場合】
vsftpdサービスの停止
# systemctl stop vsftpd.service
OS起動時にvsFTPDを起動させない
# systemctl desable vsftpd.service
設定内容を確認
# systemctl status vsftpd.service
vsftpd.service - Vsftpd ftp daemon
          Loaded: loaded (/lib/systemd/system/vsftpd.service; disabled)
          Active: inactive (dead)
          CGroup: name=systemd:/system/vsftpd.servic

■ コンテンツ関連

■ その他

ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.