はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 postfixの設定
日時: 2006/12/27 21:29
名前: セントルイース

ddnsを使用して外部公開しているのですが、メールサーバで躓いてしまいました。
postfixをインストールして設定し終わるところまではできました。

サーバ内のアカウント同士のメールは送受信可能です。コンソールからやりました。
次にyahooアカウント宛にメールを送るとそちらにも送信することができました。
しかし、携帯(docomo)に送信すると送信することができません。
エラーメールも返ってきません。

/var/log/maillogを見ると
ostfix/smtp[2814]: connect to mfsmax.docomo.ne.jp[203.138.181.240]: Connection timed out (port 25)
のような行が3行ぐらい続いています。
これは接続できていないということなのでしょうが、何か設定が必要なのでしょうか?
ちなみに携帯側は受信指定は一切していません。

後、ddnsなんですが自前でdnsを構築したときにはmxレコードなどを書いて名前解決することができますが
ddnsの場合mxレコードなどは登録されているのでしょうか?

■ コンテンツ関連情報

 Re: postfixの設定 ( No.1 )
日時: 2006/12/27 21:53
名前: 管理者

> ostfix/smtp[2814]: connect to mfsmax.docomo.ne.jp[203.138.181.240]: Connection timed out (port 25)
> のような行が3行ぐらい続いています。
> これは接続できていないということなのでしょうが、何か設定が必要なのでしょうか?
> ちなみに携帯側は受信指定は一切していません。


docomoは迷惑メール対策等で、送信元を厳重チェックしている事を過去に聞いています。
この場合、限定されたドメイン(docomo)宛ては、自ISPのSMTPで配送するとうまく送信できるようです。
以下に、その方法を示します。

# vi /etc/postfix/main.cf
transport_maps = hash:/etc/postfix/transport   ← 追加(どの場所でも良い)

# vi /etc/postfix/transport
docomo.ne.jp    :[xxx.xxx.jp]
.docomo.ne.jp   :[xxx.xxx.jp]

上記2行を追加(xxx.xxx.jpの部分は自ISPのSMTPサーバ名)

# postmap /etc/postfix/transport

# /etc/init.d/postfix restart

> 後、ddnsなんですが自前でdnsを構築したときにはmxレコードなどを書いて名前解決することができますが
> ddnsの場合mxレコードなどは登録されているのでしょうか?


以下のddnsの設定画面で、指定できます。
  参照:http://kajuhome.com/dyndns.shtml#n04
 Re: postfixの設定 ( No.2 )
日時: 2006/12/27 22:22
名前: セントルイース

管理者さん。早い回答ありがとうございます。
上記のように設定を変更したのですがうまくいきません。
postfixを再起動した直後のログです。

postfix/trivial-rewrite[4315]: fatal: open database /etc/postfix/transport.db: No such file or directory
postfix/master[4304]: warning: process /usr/libexec/postfix/trivial-rewrite pid 4315 exit status 1
postfix/master[4304]: warning: /usr/libexec/postfix/trivial-rewrite: bad command startup -- throttling

このようなログがはかれ続けています。
 Re: postfixの設定 ( No.3 )
日時: 2006/12/27 22:26
名前: 管理者

> postfix/trivial-rewrite[4315]: fatal: open database /etc/postfix/transport.db: No such file or directory
上記の様に出ていますが以下のコマンドを実行されましたよね?

# postmap /etc/postfix/transport

この後、「/etc/postfix/transport.db」が作成されているか確認して頂けますか?
 Re: postfixの設定 ( No.4 )
日時: 2006/12/27 22:31
名前: 管理者

追記.

上記で作成できなかった場合は、以下の様にしてみて下さい。(今度は"[]"で括りません)

# vi /etc/postfix/transport
docomo.ne.jp  smtp:xxx.xxx.jp
.docomo.ne.jp smtp:xxx.xxx.jp

注意:
当掲示板からコピー&ペーストしないで下さい。
(全角スペース文字が混入しています。全角を半角スペースに変更して下さい。)
 Re: postfixの設定 ( No.5 )
日時: 2006/12/27 22:46
名前: セントルイース

管理者さん、大変失礼しました。
postmap /etc/postfix/transportをやっていませんでした><

これをすることで見事にdocomoに送信できました!!!ありがとうございます!

ちなみになんですけど、意味をわかりやすく教えていただければうれしいです。

 Re: postfixの設定 ( No.6 )
日時: 2006/12/27 22:55
名前: 管理者

> ちなみになんですけど、意味をわかりやすく教えていただければうれしいです。

「/etc/postfix/transport」ファイルは、ファイル名とおり転送する設定となります。

docomo.ne.jp    :[xxx.xxx.jp]
「:」を境に、左記宛てのドメイン名の場合は右記のMTAに転送する。と言うふうになります。
この指定がなければ、ドメインすべては自サーバのMTAによって配送されるのですが、
相手側のドメインによっては、配送元のチェックを行っているようです。
(SPAM対策ともいわれています。)

配送元が明確になっているドメイン(ISP)であれば、あて先のメールアドレスにそのメールを送信する仕組みとなっているようで、
当該ファイルを設定する事により、今回は「docomo」宛てのドメインは自ISPによって配送されるので、
「docomo」のMTAが、送信元が明確になっている為、あて先に送信を許したと言う結果になります。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.