はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定
日時: 2006/10/28 22:00
名前: 起動戦車ガンタンク

皆様にはいつもお世話になっています。

CentOSを使用していますがログを見ると4〜5分程時刻が狂
っています。BIOSの時刻を日本標準時に設定しましたが、時
刻が狂ったままなのでNTPサーバを導入することにしました。

http://kajuhome.com/ntp.shtml#n03

こちらのサイトの上のページを参考にNTPサーバを導入しよう
と考えていますが、「ntpの設定」で紹介されてる手順では福
岡大学に合わせてしまうので混雑解消の為にNICTのNTPサーバ
(ntp.nict.jp)に合わせようと考えています。

この場合のntp.confの編集はどのようになるのでしょうか?

■ コンテンツ関連情報

 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.1 )
日時: 2006/10/28 23:14
名前: Jin

Jinです。
皆様お世話になっています。

以下の設定ファイルの編集箇所を

server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server clock.tl.fukuoka-u.ac.jp

単純に以下の様に変更すだけで可能です。

server ntp.nict.jp

尚、変更手順は以下の通りです。

# service ntpd stop
# ntpdate ntp.nict.jp
# service ntpd start

ntpdの使用ポートとntpdateの使用ポートが同じなので
ntpdを一旦終了し、ntpdateでntpdサーバと時刻を合わせて
ntpdをスタートさせます。
4〜5分程の時刻の違いであれば時間がかかりますが
時刻を合わせてくれます(NTPプロトコルの仕様上)が
即座に時刻を合わせるのであれば、この手順を使用してください。

管理人様、以前も指摘させていただきましたが
本サイトのNTPサーバ構築ページ上の福岡大学
の設定例を変更してはいかがでしょうか?
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.2 )
日時: 2006/10/28 23:28
名前: 管理者

Jin様

コメントをありがとうございます。
以前にご指摘頂いた件について、相手側の要望を尊重させて頂きたいと思います。
早速、当サイトのページを更新させて頂きました。
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.3 )
日時: 2006/10/28 23:50
名前: 起動戦車ガンタンク

>Jinさん、レスありがとうございます。

server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server clock.tl.fukuoka-u.ac.jp

の2つの記述は変更すれば良いというのは文系の私でも何となく
わかったのですが、「driftfile /var/lib/ntp/drift」という記
述は残せば良いのか削除すれば良いのかわからずにいたので助か
りました。

>管理者様、いつもながら早い対応に感服いたします。
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.4 )
日時: 2006/10/29 00:32
名前: 起動戦車ガンタンク

早速、変更された内容を基にNTPサーバ構築を実行
して同期にも成功しました。

しかしながら、ntpq -pを実行すると

server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

以外にも

ntp1.esat.net
218-185-224-66-
ts3-86.twistspa
LOCAL(0)

と表示され、ntpq -pを実行するとLOCAL(0)の横に*が
表示されています。

実行した変更はntp.confの

# Drift file. Put this in a directory which the daemon can write to.
# No symbolic links allowed, either, since the daemon updates the file
# by creating a temporary in the same directory and then rename()'ing
# it to the file.
#
driftfile /var/lib/ntp/drift
broadcastdelay 0.008

以下に

server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

を追記しましたが、*が追記したNTPサーバに表示されないの
でこの手順で正しかったのでしょうか?
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.5 )
日時: 2006/10/29 00:38
名前: Jin

Jinです。お疲れ様です。

設定ファイルの内容確認の為、以下のコマンドの結果の
提示をお願いします。(コメント以外の内容表示を行うコマンドです)

# grep -v "^#" /etc/ntp.conf
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.6 )
日時: 2006/10/29 00:49
名前: 起動戦車ガンタンク

>Jinさん、お手数をお掛けします。

# grep -v "^#" /etc/ntp.confの実行結果は以下です。


restrict default nomodify notrap noquery

restrict 127.0.0.1


server 0.pool.ntp.org
server 1.pool.ntp.org
server 2.pool.ntp.org


server 127.127.1.0   # local clock
fudge  127.127.1.0 stratum 10

driftfile /var/lib/ntp/drift
broadcastdelay 0.008
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

keys      /etc/ntp/keys


となっています。
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.7 )
日時: 2006/10/29 01:17
名前: Jin

起動戦車ガンタンクさん。お疲れ様です。

詳細な説明を始めますと一晩でも足りないと思いますので
要点を説明させていただきます。

NTPのプロトコルは、ツリー構造のサーバ構成となっています。
トップのサーバの時刻をいかに下位のサーバに伝送路のいかんに
関わらず伝達し同期を取かを目的としています。(マイクロ秒単位)

よって、CentOS等のntp.confの設定ファイルは、自分が
トップのサーバとなる事を前提としてファイルが設定されて
います。(シリアル接続でGPS受信機を接続している場合などの事)

提示していただいた内容の以下の行以外は全てコメント
(行の先頭に#の文字を挿入)にしていただければ問題ないと思います。

driftfile /var/lib/ntp/drift
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

但し、インターネットに直接サーバを接続している場合は
注意が必要です。
ブロードバンドルータ経由で外部からNTP(port:123)を公開していない場合は
この変更で問題ないと思います。

参照:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/TimePrecision-HOWTO/ntp.html
 Re: 福岡大学以外のNTPサーバと同期する設定 ( No.8 )
日時: 2006/10/29 10:09
名前: 起動戦車ガンタンク

>Jinさん、丁寧な解説ありがとうございます。

driftfile /var/lib/ntp/drift
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

以外をコメントアウトするとNTPサーバが接続を確立
できなくなってしまいました。


もう一度、「ntpの設定」を熟読すると

# mv /etc/ntp.conf /etc/ntp.conf.bak

# vi /etc/ntp.conf

と既存のntp.confリネームしてntp.conf新規作成して
いるのを見落としている事に気が付きました。私の場
合、リネームせずに編集していたので解説通りに表示
されなかったみたいです。

本当に初歩的なミスでご迷惑をお掛けしました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.