はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 DNSサーバが起動できない
日時: 2017/08/03 16:49
名前: わかば

Cent OS 5.5にてDNSサーバを起動させようとすると下記のようになります。
named を起動中: [失敗]

以下ログです。
Linuxを触るのは初めてでしてログの内容が読み解けず学習が停滞しております‥

[root@xxxx]# tail /var/log/messages
xxxx named[5009]: using default UDP/IPv4 port range: [1024, 65535]
xxxx named[5009]: using default UDP/IPv6 port range: [1024, 65535]
xxxx named[5009]: no IPv6 interfaces found
xxxx named[5009]: listening on IPv4 interface lo, 127.0.0.1#53
xxxx named[5009]: listening on IPv4 interface eth4, 192.168.xxx.xxx#53
xxxx named[5009]: dns_master_load: db.cache:92: isc_lex_gettoken() failed: unexpected end of input
xxxx named[5009]: dns_master_load: db.cache:92: unexpected end of input
xxxx named[5009]: could not configure root hints from 'db.cache': unexpected end of input
xxxx named[5009]: loading configuration: unexpected end of input
xxxx named[5009]: exiting (due to fatal error)

db.cacheは'ftp://ftp.internic.net/domain/’のnamed.rootの2017年7月26日のものです。
なお、正引きゾーン、逆引きゾーンのフォーマットチェックは結果値0です。

サーバ技術者養成講座という古い書籍を参考にしております。

どうかよろしくお願いいたします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: DNSサーバが起動できない ( No.1 )
日時: 2017/08/04 16:04
名前: stranger
参照: http://ja.528p.com/

最終行 ; End of file で改行してみてください
あるいは
dig . ns @198.41.0.4 > db.cache
で直接root情報を取得

追伸
textファイルが改行で終わらないといけないわけではなく
db.cacheファイルの仕様だと思います
前回のdb.cacheは最終行で改行されていました
ですから、メンテナーのケアレスミスです
 Re: DNSサーバが起動できない ( No.2 )
日時: 2017/08/04 14:25
名前: わかば


最終行 ; End of file に改行で起動いたしました。
テキストファイルは改行で終わらないといけないみたいですね。
勉強になりました、ありがとうございました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.