はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 続 バーチャルドメインのDNS構築について
日時: 2007/07/27 13:40
名前: サブ

管理人様。
ご無沙汰しております。

またまたDNS構築についてご教授願いたくスレッドを立てさせていただきました。

現在、CentOS5で固定IP1つで管理人様のご指導により、
外部向けDNSサーバーを「domain.com(仮称)」を固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd(仮称)”で
BALUEDOMAINにて登録を行ない構築を行っております。
他に2つドメイン「domain.net(仮称)」と「domain.jp(仮称)」を登録しておりますが、
バーチャルドメインとして外部からアクセスできるようにするためにはVALUEDOMAINにて
どのように登録すれば良いのでしょうか?

1:外部公開できるように2つのドメインを固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd”として登録し、
  ダイナミックDNS等にも登録して各ドメインの外部向けゾーンファイルを作成する。

2:各ドメインをVALUEDOMAINのDNSに登録して自サーバーのDNS構築には設定をしない。

3:外部公開している自サーバーのDNSに合わせる。

どのタイプを行うのでしょうか?または他の方法があるのでしょうか?
上手く質問できていないかも知れませんがご教授の程、宜しくお願い致します。

■ コンテンツ関連情報

 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.1 )
日時: 2007/07/27 14:03
名前: 管理者

> 1:外部公開できるように2つのドメインを固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd”として登録し、
>   ダイナミックDNS等にも登録して各ドメインの外部向けゾーンファイルを作成する。
>
> 2:各ドメインをVALUEDOMAINのDNSに登録して自サーバーのDNS構築には設定をしない。
>
> 3:外部公開している自サーバーのDNSに合わせる。


「1」は管理が煩雑になりそうなので私だったらNGですね。
「2」と「3」ですが、よほど自サーバをDNSサーバとして公開させたい事を除けば、確実に「2」を選びます。

ここからのレスは私個人的な意見ですが、外部で利用できるサービスは極力利用する。
自サーバが狙われる可能性があるリスクを持ってまで、外部にサーバを公開させない。

と、この様な感じです。

考え方は人によって多々あると思いますので「これです」と言うご回答はできません。
私だったら、先述させて頂いたように「2」の方が良いと思います。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.2 )
日時: 2007/07/27 14:31
名前: サブ

お忙しい中、
早速のご返信有難うございます。

管理人さまが「1」の方法が煩雑と考えるなら今の私の力量では
到底困難であると思われるので×ですね。

すると「2」か「3」ということになりますね。
そこで、1つ教えていただきたいことがございます。

少し横道にそれてしまいますが、現在、当方ではDNSを外部公開しています。
(単に理解を深めたい気持ちと挑戦してみたいという気持ちが強かっただけなのですが(^^;;)
外部公開にたどり着くまでに管理人様に数多くのご教授いただきながら、
併せてDNS外部公開するデメリットもわかりました。

しかし、そのデメリットをわかった上でDNSの外部公開を望む方々を
この掲示板でもよく目にします。
DNS外部公開をする方々の目的やメリットにはどんなことが考えられるのでしょうか?

今後の自サバ運営のためにもわかる範囲で構わないので教えて頂きたいと思います。
宜しくお願いいたします。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.3 )
日時: 2007/07/27 15:21
名前: 管理者

> 少し横道にそれてしまいますが、現在、当方ではDNSを外部公開しています。
> (単に理解を深めたい気持ちと挑戦してみたいという気持ちが強かっただけなのですが(^^;;)


この考え方は、とても大切ですね。

> 外部公開にたどり着くまでに管理人様に数多くのご教授いただきながら、
> 併せてDNS外部公開するデメリットもわかりました。
>
> しかし、そのデメリットをわかった上でDNSの外部公開を望む方々を
> この掲示板でもよく目にします。


失念しておりました。肝心な回答部分が抜けておりましたね。失礼しました。

まず、ドメインと言う概念から簡単に説明します。

ドメインには「jp」や「com」などがありますよね?。これが一番大きい組織になります。
続いて「sample.jp」や「sample.com」・・・となります。
以下「jp」に特化して説明します。

「jp」と言う組織には「sample.jp」や「hogehoge.jp」の様に「jp」に属しているサブ組織があります。
さらに「aaa.sample.jp」や「bbb.sample.jp」と枝分かれしていきます。この概念がサブドメインと言うものになります。
簡単な図を書くと以下の様になります


                 ┌───┐
                 │ JP │
                 └─┬─┘
         ┌─────────┴──────────┐
     ┌───┴───┐            ┌───┴───┐
     │ sample.jp  │            │ hogehoge.jp │
     └───┬───┘            └───┬───┘
    ┌────┴────┐         ┌─────┴────┐
┌───┴───┐ ┌───┴───┐ ┌───┴────┐ ┌───┴────┐
│aaa.sample.jp │ │bbb.sample.jp │ │aaa.hogehoge.jp │ │bbb.hogehoge.jp │
└───────┘ └───────┘ └────────┘ └────────┘
    :         :         :          :
    :         :         :          :


よって今回の例(「domain.net(仮称)」と「domain.jp(仮称)」)で言うと「組織」が異なっているので厳密に言えば、
「1」の「各ドメインの外部向けゾーンファイルを作成する」に当てはまります。
しかし、「バーチャルドメインとして・・・」となっているので、リアルドメインでのDNSサーバに各バーチャルサーバのドメインを登録するのが良いと思います。
(リアルドメイン「domain.com(仮称)」がバーチャルサーバのドメイン「domain.net(仮称)」と「domain.jp(仮称)」を一元管理していると言う考え方です。)


> DNS外部公開をする方々の目的やメリットにはどんなことが考えられるのでしょうか?

現在のレジストラでのDNS登録は一昔前と違って複数レコードを登録できる様になっています。(現行のレジストラにもよりますが・・・)
以前は、「1IP = 1ドメイン」しか登録できず、自分が取得したドメインに対してサブドメインの外部からのアクセスができない事があったようです。
(ガセかも知れません・・・。当時どの様にDNSサーバとして登録する手段があったのか不明なので・・・・)
この場合の対処法として自サーバを外部公開向けにして、自分が取得したドメインの組織にサブドメインを返却するようにして対応していたと言う記事を見かけた事があります。
この事が現在に至っているのではないでしょうか?
今現在では外部DNSサーバにサブドメイン(ホスト名)を登録できるので、自サーバを外部公開することによるメリットは思いつかないのが現状です。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.4 )
日時: 2007/07/27 16:22
名前: サブ

なるほど、
DNSの外部公開はLINUXサーバにルータ機能を持たせて構築することが
減ってきているのと同じようなことなのですね。
セキュリティ管理の困難が伴うという最大のデメリットが大きくなる割に
メリットがなくなってきているというところでしょうか
理解致しました。

さて、本題ですが
前述のご説明の中で、

>よって今回の例(「domain.net(仮称)」と「domain.jp(仮称)」)で言うと「組織」が異なっているので厳密に言えば、
>「1」の「各ドメインの外部向けゾーンファイルを作成する」に当てはまります。
>しかし、「バーチャルドメインとして・・・」となっているので、リアルドメインでのDNSサーバに各バーチャルサーバのドメインを>登録するのが良いと思います。


>現在のレジストラでのDNS登録は一昔前と違って複数レコードを登録できる様になっています。(現行のレジストラにもよります
>が・・・)
>以前は、「1IP = 1ドメイン」しか登録できず、


とありますが、
1IPでバーチャルでない複数ドメインの登録をすることは可能なのでしょうか?

 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.5 )
日時: 2007/07/27 17:00
名前: 管理者

>> 以前は、「1IP = 1ドメイン」しか登録できず、
>
> とありますが、
> 1IPでバーチャルでない複数ドメインの登録をすることは可能なのでしょうか?


ちょっと書き方が足らなかったですね・・・
「IPアドレスに取得したドメインしか登録できず、」です。

あと「バーチャルでない・・・」ですが、1IPに物理的なサーバを複数設置しドメイン毎に別けることは基本的に不可能でしょうね。
(手段があるのかも知れませんが、私には分かりません。)

話は戻りますが、1IPに複数のドメインを登録することは可能です。
ちなみに当サイトがいい例でしょう。
当サイトはレジストラが違いますが、複数のドメイン名で同一IPにアクセスしています。

当サイトのアクセスは「http://kajuhome.com」でのアクセスはもとより、「http://kaju.homeip.net」でもアクセス可能です。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.6 )
日時: 2007/07/28 23:02
名前: サブ

返信遅くなりました。

>当サイトはレジストラが違いますが、複数のドメイン名で同一IPにアクセスしています。
これは同ページ表示しかできないのでしょうか?

私は、1IPによる複数ドメインでの別ページ表示はバーチャルドメイン若しくは
ユーザー設定によるチルダ付きのURLでないとできないと認識しておりました。

そのため、バーチャルドメインでのWEBサーバー構築を試みようと考えたのですが・・・。

もし、当方のネットワーク設定でバーチャルドメイン以外にも
1IPによる複数ドメインでの別ページ表示が可能ならばバーチャル以外の方法を
試みたいと思います。

どちらにしろ、
メールサーバーにしてもWEBサーバーにしてもバーチャルでの構築を行った場合でも
外部からのアクセスを可能にするためにDNSの構築とレジストラの設定を適切に
行わなければいけないのだとは考えておりますが・・・。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.7 )
日時: 2007/07/29 07:53
名前: 管理者

>> 当サイトはレジストラが違いますが、複数のドメイン名で同一IPにアクセスしています。
> これは同ページ表示しかできないのでしょうか?
>
> 私は、1IPによる複数ドメインでの別ページ表示はバーチャルドメイン若しくは
> ユーザー設定によるチルダ付きのURLでないとできないと認識しておりました。


当方は、現在のドメイン「kajuhome.com」で運用する前は「kaju.homeip.net」でした。
この為、以前のドメインでもアクセスできるように「kajuhome.com」へリダイレクトするようにしているだけです。

当然、ドメイン毎に違うページを表示する事も可能です。
(本来はこちらの使い方(ドメイン毎に違うページ表示)が正ですね。)


> どちらにしろ、
> メールサーバーにしてもWEBサーバーにしてもバーチャルでの構築を行った場合でも
> 外部からのアクセスを可能にするためにDNSの構築とレジストラの設定を適切に
> 行わなければいけないのだとは考えておりますが・・・。


そうですね。こちらの目的の方が本来ですしね。
最終的にサブさんが、どの様にDNSをレジストするか?だけだと思います。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.8 )
日時: 2007/07/29 09:21
名前: サブ

そうなんですか!!
管理人様の示す方法でも複数ドメインを1IPで別ページ表示が可能なのですね!!

それでしたら、
管理人様の示す方法(バーチャルドメインを使用しない)でのサーバー構築に
挑戦して見たいと思います。

そのためにはDNS構築、レジスタ登録、WEBサーバー構築についてご教授願います。
DNS構築については外向けでの構築を希望します。

まず、何処から手をつけていけば宜しいでしょうか?
ドメインは
1:domein.com
(VALUEDOMAINにてns1.domain.comを固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd”で設定後、DynDNSにて外部公開済み)
2:domein.net
3:domein.jp

現在の設定済み外部向けゾーンファイル
1:
$TTL 86400
@ IN SOA ns1.domain.com. root.domain.com. (
2007061901 ; serial
3600    ; refresh (1 hour)
900    ; retry (15 minutes)
604800   ; expire (1 week)
86400   ; negative (1 day)
)
IN NS ns1.domain.com.
IN MX 10 domain.com.
IN A aaa.bbb.ccc.ddd
www IN A aaa.bbb.ccc.ddd
mail IN A aaa.bbb.ccc.ddd

と仮定してご説明いただきたいと思います。

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.9 )
日時: 2007/07/29 10:54
名前: 管理者

> 管理人様の示す方法でも複数ドメインを1IPで別ページ表示が可能なのですね!!
>
> それでしたら、
> 管理人様の示す方法(バーチャルドメインを使用しない)でのサーバー構築に
> 挑戦して見たいと思います。


いえいえ、勘違いされています。
当方の「kaju.homeip.net」はバーチャルWebサーバとなっています。
「kajuhome.com」と「kaju.homeip.net」は共にドメインを取得し、「kajuhome.com」がリアルドメイン「kaju.homeip.net」が位置づけとしてバーチャルドメインとしているだけです。
よって「kaju.homeip.net」でアクセスした時に、ある指定ページを表示しようとしますがリダイレクト機能で「kajuhome.com」に飛んでいるのです。


> まず、何処から手をつけていけば宜しいでしょうか?
> ドメインは
> 1:domein.com
> (VALUEDOMAINにてns1.domain.comを固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd”で設定後、DynDNSにて外部公開済み)
> 2:domein.net
> 3:domein.jp


一つご質問です。(ドメイン名取得についてです)
「1:domein.com」はリアルドメインで既に取得済み。バーチャルドメインの「2:domein.net」と「3:domein.jp」も取得していますよね?(勝手に、ドメインを作ってはいけません。)
例えば、「yahoo.co.jp」はヤフー株式会社が取得していますよね。
自サーバのDNSを外向けにして、勝手に「yahoo.co.jp」のレコードを作成して公開したら、恐らく(間違いなく)訴えられます。
日本でのドメイン管理はJPNICが統括していますので、自サーバでのDNS公開は慎重に行わないと大変な事になりますのでご注意ください。


さて本題ですが、今回のサブさんは2つの事を一気にやってしまおうとしています。
1.DNSサーバの外向け公開構築
2.名前ベースでのバーチャルWebサーバー構築

順番としては「2」が完成して問題なく動作することを確認してから「1」を行った方が良いです。
(動作しなかった場合の問題切り分けができないので。例えば外部DNSは問題なく動作しているのにバーチャルWebサーバが動作しないのに問題がDNSではないか?と誤った判断を引き起こす可能性があります。)

よって、構築には以下の順番を行ってみたらどうでしょうか?

1.内向きDNSサーバの構築を行い、各々のドメイン名で自サーバのローカルIPが返却できる事を確認
2.バーチャルWebサーバを構築して、各々のドメイン名アクセスで違ったWebページが表示される事を確認
3.外部DNSに取得したドメインを登録して、外部より各々のドメイン名アクセスで違ったWebページが表示される事を確認
  (「2」でのドメイン名でのアクセスと「3」でのドメイン名アクセスがそれぞれ同じページである事を確認する。
  例)「domein.com」→「Aページ」
   「domein.net」→「Bページ」
   「domein.jp」 →「Cページ」)
4.外向きDNSサーバの築を行い、レジストラにネームサーバを自サーバに設定する
5.「3」と同様の確認を行う。

上記の順序で検証して行けば、何が問題なのかが一目瞭然となります。
(もし、ここまで行っていて、現在の段階が「4」であったらすみません・・・)
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.10 )
日時: 2007/07/29 11:54
名前: サブ

なるほど。
そういうことでしたか(^^;;。

ドメインは全て自前取得しているものなので違法性はありません。

管理人様の手順に沿っていくと1の段階は問題ないと思います。
LAN内のクライアントPCからはnslookupで確認すると全てIPが返されます。

まず、ここで1つ教えていただきたいのですが、
domain.com(リアルドメインとして設定)、domain.net(バーチャル1として設定)、
domain.jp(バーチャル2として設定)の仮定すると、nslookupで確認後exitして
再度nslookup確認するとDefault Serverがdomain.com・domain.net・domain.jpと
順に繰り返されます。

これは、正しい動作なのでしょうか?
それとも常にリアルドメインとして設定しているドメイン(domain.com)が
Default Serverとして表示されなければいけないのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.11 )
日時: 2007/07/29 12:47
名前: 管理者

> まず、ここで1つ教えていただきたいのですが、
> domain.com(リアルドメインとして設定)、domain.net(バーチャル1として設定)、
> domain.jp(バーチャル2として設定)の仮定すると、nslookupで確認後exitして
> 再度nslookup確認するとDefault Serverがdomain.com・domain.net・domain.jpと
> 順に繰り返されます。
>
> これは、正しい動作なのでしょうか?


逆引きの話ですね。
通常(本来)は、リアルドメインを返却するのが正となります。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.12 )
日時: 2007/07/29 13:23
名前: サブ

例えば、
1:domein.com(メインドメイン)
2:domein.net(バーチャルドメイン1)
3:domein.jp(バーチャルドメイン2)

nslookupの起動
C:\Documents and Settings>nslookup
Default Server: domain.com  ← ここがnslookupを起動するたびに変わってしまう。 
Address: 192.168.*.**

正引き試験
> domain.com          ← 正引き試験ドメイン
Server: domain.com      ← Default Serverのドメインを示す
Address: 192.168.*.**

Name:  domain.com      ← 正引き試験のドメインを示す
Address: 192.168.*.**

逆引き試験
> 192.168.*.**
Server: domain.com      ← Default Serverのドメインを示す
Address: 192.168.*.**

Name:  domain.net      ← バーチャルドメイン1を示す
Address: 192.168.*.**

管理人様のご説明では変わらないはずなんですよね?
何がいけないのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.13 )
日時: 2007/07/29 14:44
名前: 管理者

逆引きゾーンの定義はどうなっていますか?
複数定義されていませんか?
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.14 )
日時: 2007/07/29 15:33
名前: サブ

$TTL 86400
@ IN SOA domain.com. root.domain.com.(
2007061901   ; serial            
3600      ; refresh (1 hour)
900       ; retry (15 minutes)
604800     ; expire (1 week)
86400      ; negative (1 day)
)
IN NS domain.com.
20 IN PTR domain.com.
20 IN PTR domain.net.
20 IN PTR domain.jp.

となっております。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.15 )
日時: 2007/07/29 18:41
名前: 管理者

複数定義されている場合は、「ラウンドロビン」と言って順次上から返却されます。

逆引きの「PTR」レコードを「20 IN PTR domain.com.」だけにして、「/etc/resolv.conf」ファイルの内容を以下にして下さい。

nameserver 192.168.*.20 ← 自サーバのローカルIP
search domain.com    ← リアルドメイン名
domain domain.com    ← リアルドメイン名
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.16 )
日時: 2007/07/29 19:59
名前: サブ

逆引きを訂正してresolv.confにも追記しました。
LAN内DNSの確認後、OKです。

バーチャルドメインも設定しました。
LAN内からリアルドメイン及びバーチャルドメインのwebページが
表示されるかどうかはどうやって確認すればよいのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.17 )
日時: 2007/07/29 20:41
名前: 管理者

> LAN内からリアルドメイン及びバーチャルドメインのwebページが
> 表示されるかどうかはどうやって確認すればよいのでしょうか?


各々、WebブラウザでURL入力すれば確認できます。
http://domain.com」「http://domain.net」「http://domain.jp

上記3つとも違うページが表示されれば、バーチャルWebページの確認は完了です。

設定は以下を参照してください。

  参照:http://kajuhome.com/tips/tips_03_004.shtml
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.18 )
日時: 2007/07/29 21:35
名前: サブ

各々のwebページがLAN内から表示されました。

>3.外部DNSに取得したドメインを登録して、外部より各々のドメイン名アクセスで違ったWebページが表示される事を確認

のドメイン登録とはどのような方法を行えばよいのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.19 )
日時: 2007/07/29 21:55
名前: 管理者

ドメインを取得した所で、出来るはずです。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.20 )
日時: 2007/07/29 22:12
名前: サブ

他でドメインを取得したのですが
現在は移管を行いVALUEDOMAINにて管理されています。

VALUEDOMAINにて登録を行うというのは、
ダイナミックDNS情報、ネームサーバの変更、DNSレコードの変更で各登録・変更を行えるようですが
どのことを言っているのでしょうか?
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.21 )
日時: 2007/07/30 07:37
名前: 管理者

> VALUEDOMAINにて登録を行うというのは、
> ダイナミックDNS情報、ネームサーバの変更、DNSレコードの変更で各登録・変更を行えるようですが
> どのことを言っているのでしょうか?


「DNSレコードの変更で各登録・変更」での「A」レコード登録になります。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.22 )
日時: 2007/07/30 14:16
名前: サブ

DNSレコードの変更を行ったのですが、バーチャルドメインの表示が外部からはできませんでした。
(リアルドメインの表示はされました。)

そこで、VALUEDOMAINでの登録情報をみてみると、
現在、バーチャルドメインとして設定しているドメインはレンタルサーバーのネームサーバーだけが指定されており、
「NS1.VALUE-DOMAIN.COM」などのバリュードメインでのDNS機能が無効となっておりました。
そこで、VALUEDOMAINでのDNS機能を有効にし、ネームサーバーの設定を変更致しました。

これだと、約1日以上の時間を置かないと設定が反映されないのですよね?
また、設定が反映されたとしてもレンサバのネームサーバーが設定されていると
上手く動作しないものなのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.23 )
日時: 2007/07/30 15:03
名前: 武蔵

管理者様、ご無沙汰しております。武蔵です。
やっとの事、海外赴任から帰って着ました。
また掲示板に参道させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。



>サブさん

ちょっと辛口でコメントさせて頂きます。決して文句を言っている訳ではありませんので・・・

まず、DNSと言う概念を勉強しましたか?
私には全く知識がなく、何でも質問しているように見受けられます。
一問一答ずつ回答をしている管理者様の事も考えてますか?
”これだと、約1日以上の時間を置かないと設定が反映されないのですよね?”なんて書いても、管理者様に分かるわけないと思います。
こんなのは、VALUEDOMAINに聞けばいいだけの事ではないですか?
>また、設定が反映されたとしてもレンサバのネームサーバーが設定されていると
>上手く動作しないものなのでしょうか?

これだって、DNSの事をちょっと勉強すれば分かることです。
ネット上で検索しても言いし、書籍にも似たような事は書いてあります。

大変失礼だと思いますが、勉強中だとしてもDNSサーバの公開は危ないのではないんでしょうか?
レスの中に、”スキルアップ”と言うことが書かれてありましたが実践する前にある程度の知識を持つことが必要だと思います。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.24 )
日時: 2007/07/30 15:52
名前: サブ

武蔵さま、初めまして。

武蔵様は当方の過去ログ全てを読んでご返信くださったのでしょうか?

また、状況によりVALUEDOMAINに聞いてどんな答えが返ってくるのか知っている上でご回答いただいたのでしょうか?

どのように回答するかは管理人様が決めることであって武蔵様が決められることではないように思いますが・・・。

>ちょっと辛口でコメントさせて頂きます。決して文句を言っている訳ではありませんので・・・
と書いてありますが当方には文句としか受け取れませんが・・・。
>大変失礼だと思いますが、
と書いてありますがネットで素性がわからない中で、書き方も考えず何でも言えてイイですね。

この掲示板はわからないことを質問し、アドバイスなりご教授なりをして下さるトコだと思っていましたが違うのでしょうか?
単にネットや書籍で調べろではなく“どのサイトを見なさい”とか“どの書籍が良いですよ”などとコメントしていただけたら幸いだと思います。
スレを読んで感情に任せた意見だけを述べるとは大人気ないような気がします。

結局、武蔵様が何を言いたいのかよく分かりませんでしたが、
武蔵様の貴重な(多分)ご意見(アドバイスでもなく教えるでもなく)有難うございました。

当方も大人気なく売り言葉に対して買い言葉のような対応をして申し訳ありませんでした。
何より、管理人様の質問掲示板にこのようなコメントがついてしまったことに対し申し訳ございませんでした。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.25 )
日時: 2007/07/30 17:17
名前: 管理者

> 武蔵さん、サブさん

まずは武蔵さん、ご無沙汰しております。
また、海外に行かれてたんですね。
最後のレスか何かに、暫くは「海外はない」と言うことが書かれていた気がしたんですけど・・・
何はともあれ、ご苦労様でした。(それとも、夏だけの一時帰国ですか?)

サブさん
当『掲示板』に質問する内容にサーバ構築に関わる件であれば、制限は設けていません。
当方も質問に関する倦怠感等は一切感じておりませんので、ご自由にご投稿下さい。
(ただし、当方でも分からない場合はコメントできない場合も当然ありますのでご了承下さい。)

何よりも、質問者および回答者双方において嫌悪感が残らない事を希望致します。


> DNSレコードの変更を行ったのですが、バーチャルドメインの表示が外部からはできませんでした。
> (リアルドメインの表示はされました。)
>
> そこで、VALUEDOMAINでの登録情報をみてみると、
> 現在、バーチャルドメインとして設定しているドメインはレンタルサーバーのネームサーバーだけが指定されており、
> 「NS1.VALUE-DOMAIN.COM」などのバリュードメインでのDNS機能が無効となっておりました。
> そこで、VALUEDOMAINでのDNS機能を有効にし、ネームサーバーの設定を変更致しました。
>


「domain.com」「domain.net」「domain.jp」全てをレジストラのDNSレコードに登録しなければなりません。
要は、上記3つ全ての名前解決は外部のDNSサーバに任せると言うことです。
例えば上記3つがVALUE-DOMAINの設定で例えるなら、各々のドメイン管理の「DNSレコード/URL転送の変更」で、「A」レコードを追加して下さい。(以下参照)

[ホスト名]  [ターゲット]  [タイプ]
@       サーバのG-IP  A

上記の形式でない場合は「ネームサーバーの変更」で『方法選択』を変えてみて下さい。

暫く(数十分程度?)経つと、レコードが反映され、ドメイン名でアクセスできるはずです。

ここまで、確認(各々のWebページ表示)ができたならば、自前のDNSサーバを公開するだけです。
この後の設定は、当方で行ったことがないので「たぶんこうだろう」と言うレベルです。

1.「ネームサーバーの変更」で画面後方にある「このドメインでネームサーバーを作成」でネームサーバを作成する。
  この時作成するドメインは、リアルドメインである「domain.com」で。

※:同画面内の「方法選択」をどれにするのか不明なのですが、恐らく「他社提供/自前ネームサーバー」にして、下記入力欄に上記「1」で作成したネームサーバを指定するのだと思います。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.26 )
日時: 2007/07/30 22:48
名前: サブ

管理人様。
サーバー構築について多くのことを教えて頂くだけでなく
お気遣いいただき有難うございます。

現在、リアルドメインについてはDNS外部公開済なので
上手く調整をしながらWEBサーバーの構築を行っています。

VALUEDOMAINの設定も含め多少時間がかかるようなので暫く様子をみながら
前述されたコトを参考にしながら構築を進めていきたいと思います。


 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.27 )
日時: 2007/07/31 10:53
名前: サブ

管理人様。
LAN内からのバーチャルドメインによるページ表示について
上手く表示されていないことに気づいたのでお知恵をお貸し下さいませ。

内向きDNS構築では名前解決を次のように行っています。
1:domain.com、www.domain.com
2:domain.net、www.domain.net
3:domain.jp、www.domain.jp

LAN内のクライアントPCでの確認作業(nslookup)では全て正常に返されてくるのですが、
http://〜での確認作業ではdomain.com(リアルドメイン)、domain.net、domain.jpでは
各テストページが表示されるのですがwww.をつけた確認作業では全てdomain.comの
テストページが表示されてしまいます。

これは、正常な動作なのでしょうか?
それとも本来は各http://www.ドメインで確認すると各テストページが表示されるものなのでしょうか?
又、正常に動作していない場合は何の設定が間違っているのでしょうか?

宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.28 )
日時: 2007/07/31 11:09
名前: 管理者

「/etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf」にサブドメイン設定が抜けていると思われます。

上記ファイル内容を開示して頂けますか?
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.29 )
日時: 2007/07/31 11:26
名前: サブ

以下に開示いたしますので宜しくお願い致します。

/etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf

NameVirtualHost *:80
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.com
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.net
  DocumentRoot /var/www/html/virtual-test1
  ErrorLog logs/virtual-test1-error_log
  CustomLog logs/virtual-test1-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.jp
  DocumentRoot /var/www/html/virtual-test2
  ErrorLog logs/virtual-test2-error_log
  CustomLog logs/virtual-test2-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

以上のように設定しております。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.30 )
日時: 2007/07/31 11:52
名前: 管理者

開示、ありがとうございます。

「ServerAlias」を追加してみて下さい。

NameVirtualHost *:80
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.com
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.net               ←  ここ
  ServerAlias *.domain.net
  DocumentRoot /var/www/html/virtual-test1
  ErrorLog logs/virtual-test1-error_log
  CustomLog logs/virtual-test1-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
  ServerName domain.jp
  ServerAlias *.domain.jp              ←  ここ
  DocumentRoot /var/www/html/virtual-test2
  ErrorLog logs/virtual-test2-error_log
  CustomLog logs/virtual-test2-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>


編集後は、「httpd」サービスの再起動を忘れずに・・・
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.31 )
日時: 2007/07/31 12:27
名前: サブ

管理人様。
早速のご教授有難うございました。
「ServerAlias」の追加により、
LAN内からのhttp://による呼び出しは全てOKとなりました。

LAN外からのバーチャルドメイン表示に関してはVALUEDOMAINの設定と併せて只今奮闘中です。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.32 )
日時: 2007/07/31 12:51
名前: サブ

DNS構築についてまた1つ教えて頂きたいことがありますのでお願い致します。

以前に http://kajuhome.com/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=1231&p=5 
で教えて頂いたことで

SOA、MX、A、CNAME、IN の意味は理解できたのですが、

「NS」とは何を示しているのでしょうか?

以前の質問でバーチャルドメインのDNS設定について
参照URL http://kajuhome.com/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=1254 で
教えて頂いたときにバーチャルドメインでのゾーンファイル設定で
“NSレコードは変更する必要がなし”と書かれていてその通りに記述した後は
正常に動作しているのですがどんな役割を持っているのかを教えて頂きたいと思い
ご質問させて頂きました。

お忙しいこととは思いますが、宜しくお願い致します。

 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.33 )
日時: 2007/07/31 13:09
名前: 管理者

> 「NS」とは何を示しているのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、ゾーン情報を管理するネームサーバのサーバ名を定義するレコードとなります。

詳しく説明されているページがありましたので、書きに記します。

  参照:http://www.toshikazu.org/archives/000072.html

 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.34 )
日時: 2007/07/31 14:11
名前: サブ

管理人様。
NSレコードについてのご説明ならびに参考サイトをお教えいただき有難うございました。
しっかりと頭にいれておきます。

また、当スレッドの本題であるバーチャルドメインのDNS構築についてですが、
VALUEDOMAINでのDNS登録によりページの表示確認ができました。

ただ、レンサバの契約期限内はレンサバの設定と同じもの、
つまり、www.を使ったものやdomain.netなどダイレクトに打ち込むものは
レンサバのページが表示され、それ以外のものはVALUEDOMAINのネームサーバーから
当方のサーバーのページが表示されるようです。

ここまでは順調に進んできましたので、いよいよ当方の外向けDNSの構築と共に
レジストラにネームサーバを自サーバに設定していきます。

後ほど、結果のご報告を致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.35 )
日時: 2007/07/31 15:56
名前: サブ

当方のDNSサーバーに設定すると表示されなくなってしまいました。
LAN外からの「nslookup」による確認では全てのドメインでの表示は
正常に確認されていまが、念のため以下に外部向けゾーンファイルの設定を開示いたします。

1:domein.com(リアルドメイン)
(VALUEDOMAINにてネームサーバーをns1.domain.comを固定IP“aaa.bbb.ccc.ddd”で設定後、
DynDNSにて外部公開済み)
2:domein.net(バーチャルドメイン)
(VALUEDOMAINにてネームサーバーをns1.domain.comで設定)
3:domein.jp(バーチャルドメイン)
(VALUEDOMAINにてネームサーバーをns1.domain.comで設定)

現在設定済みの外部向けゾーンファイル
1:domain.com
$TTL 86400
@ IN SOA ns1.domain.com. root.domain.com. (
2007061901 ; serial
3600    ; refresh (1 hour)
900    ; retry (15 minutes)
604800   ; expire (1 week)
86400   ; negative (1 day)
)
IN NS ns1.domain.com.
IN MX 10 domain.com.
IN A aaa.bbb.ccc.ddd
www IN A aaa.bbb.ccc.ddd
mail IN A aaa.bbb.ccc.ddd


2:domain.net
$TTL 86400
@ IN SOA ns1.domain.net. root.domain.net. (  ←3:domain.jpの場合はns1.domain.jp. root.domain.jp.
2007061901 ; serial
3600    ; refresh (1 hour)
900    ; retry (15 minutes)
604800   ; expire (1 week)
86400   ; negative (1 day)
)
IN NS ns1.domain.com.
IN MX 10 domain.net.             ←3:domain.jpの場合はdomain.jp.
IN A aaa.bbb.ccc.ddd
www IN A aaa.bbb.ccc.ddd
test IN A aaa.bbb.ccc.ddd
外部向けDNS構築が問題なのかApacheの設定に問題があるのか又は別に問題があるのかなど
お知恵をお貸し下さいませ。宜しくお願い致します。


 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.36 )
日時: 2007/07/31 16:51
名前: 管理者

> VALUEDOMAINでのDNS登録によりページの表示確認ができました。
> 当方のDNSサーバーに設定すると表示されなくなってしまいました。
> 外部向けDNS構築が問題なのかApacheの設定に問題があるのか又は別に問題があるのかなど・・・


外部のDNSでのアクセスで各々のページが表示されたと言うことは、待ち受けるWebサーバは問題なく構築できていると思います。
よって、残す課題としては自サーバの外向け公開だけですね。
当方よりも確認したいと思いますので、本物の全ドメイン名を教えて頂けますか?
(当方より、サブさんのDNSサーバに直接問い合わせをかけてみたいと思います。OKであればレジストラへのDNSサーバ登録の問題、NGであればDNS構築の問題と切り分けができます。)
下記のフォームより情報を教えてください。

  送信フォーム:http://kajuhome.com/sendmail_contact.shtml
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.37 )
日時: 2007/07/31 17:35
名前: サブ

メールをさせて頂きました。
宜しくお願い致します。
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.38 )
日時: 2007/07/31 21:01
名前: 管理者

確認させて頂きました。

リアルドメイン、バーチャルドメイン1・2共に各々の別ページが表示されています。
問題なく、DNSサーバも稼動しバーチャルWebサーバも動作していますよ。
(この数時間で何か変更を加えましたか? 今回の問題点は全て解決していますので・・・)
 Re: 続 バーチャルドメインのDNS構築について ( No.39 )
日時: 2007/08/01 13:27
名前: サブ

管理人様。
お世話になっております。
当方からのLAN外からのhttp://のアクセスでは昨夜までは
当サーバの.htmlファイルをみることができなかったのですが
今、確認したら正常に表示されました。

やはり、ネームサーバを変更した後は正常に稼動するまでは
時間が掛かるようです。

色々と教えて下さり有難うございました。
また、何か行き詰ることがあると思いますので
その時は宜しくお願い致します。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.