はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 chkrootkitのインストールについて
日時: 2007/03/18 11:49
名前: 機動戦車ガンタンク

http://kajuhome.com/chkrootkit.shtml

こちらのサイトを参考にchrootkitをソースから導入した翌日に以下の様なメールが届きました。

/root/chkrootkit.sh: line 4: /usr/bin/chkrootkit: No such file or directory

/usr/sbin/にはコピーされているのですが、/usr/bin/を確認するとchkrootkitが存在しません。
yumでインストールすると問題無く作成されていました。

そこで質問なのですが、yumでインストールした場合でも「chkrootkitの自動チェック化」を利用
できるのでしょうか?

また、前々から気になっていた事ですがソースでインストールした場合はyumの様に自動更新が
行われるのでしょうか?それとも新しいVerが出る度にインストールが必要なのでしょうか?
(後者だとは思うのですが確認で…)


質問が上手くまとまらずに羅列ですみません

■ コンテンツ関連情報

 Re: chkrootkitのインストールについて ( No.1 )
日時: 2007/03/18 14:21
名前: 管理者

機動戦車ガンタンクさん、こんにちは。

当時(2年ほど前?)は「/usr/bin/」に配置されていました。
現バージョンでは管理者パス「/usr/sbin/」に変更されたかもしれませんね。
スクリプトのパスを変更して下さい。
今後コンテンツにおける全ディストリビューションとバージョンにて確認したいと思います。

# vi /root/chkrootkit.sh
#!/bin/sh
echo "Job Name (chkrootkit.sh)"
echo " 開始(`date +"%k時%M分%S秒"`)"
/usr/sbin/chkrootkit > /var/log/chkrootkit.log    ← 変更
grep INFECTED /var/log/chkrootkit.log
rm -f /var/log/chkrootkit.log
echo " 終了(`date +"%k時%M分%S秒"`)"


ソースによるコンパイルは基本的に当サイトでは紹介しておりませんが、バージョンアップに伴う再コンパイルでも、同位置に配置されると思いますので問題ないと思います。

一様、コンパイル後は(あるかどうかは別として)オプションにてバージョン確認してみてください。
大抵は、オプションに「-v」Or「-V」Or「--verson」で確認できると思います。
 Re: chkrootkitのインストールについて ( No.2 )
日時: 2007/03/18 16:18
名前: 機動戦車ガンタンク

もしかして、紹介ページで

実行パスへコピー
# cp -p chkrootkit /usr/sbin/

となっていて/usr/sbin/にコピーするように指示されているにも関わらずスクリプトで

/usr/bin/chkrootkit > /var/log/chkrootkit.log

となっているのが原因なのでしょうか?

 Re: chkrootkitのインストールについて ( No.3 )
日時: 2007/03/18 16:57
名前: 管理者

あ、正にその通りです。
最近、コンテンツの多さに頭が回らなくなって来ているようです・・・・

ご指摘の様に、sbinへコピーなさって下さい。
 Re: chkrootkitのインストールについて ( No.4 )
日時: 2007/03/18 19:27
名前: 機動戦車ガンタンク

>あ、正にその通りです。
>最近、コンテンツの多さに頭が回らなくなって来ているようです・・・・


原因を自力で解決するのが最近の楽しみになってますから気になさらずに(笑)

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.