はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2016/07/22
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> その他 >> Java開発実行環境(J2SDK)の構築
動作確認 [ FC1 / FC2 / FC3 / FC4 / FC5 / FC6 / Fedora7 / Fedora8 / CentOS4 / CentOS5 ] 当該ページは凍結しました
  1. j2sdkとは・・・
  2. j2sdkの取得
  3. j2sdkのインストール
  4. j2sdkの設定
  5. j2sdk環境の動作確認
    テスト用のJavaソース作成
    Javaソースのコンパイル
    Javaの実行

■ j2sdk(JDK)とは・・・

Sun Microsystems社が開発したプログラミング言語。
JavaはC言語に似た表記法を採用して、C言語などの既存の言語の欠点を踏まえて一から設計された言語であり、今までの言語にない完全なオブジェクト指向性を備えている。
また、強力なセキュリティ機構や豊富なネットワーク関連の機能が標準で搭載されており、ネットワーク環境で利用されることを強く意識した仕様になっている。
Javaで開発されたソフトウェアは特定のOSやマイクロプロセッサに依存することなく、基本的にはどのようなプラットフォームでも動作し、その利便性が強く主張されている。
        :
        :
だそうで、手っ取り早く言うとこのJavaを実行できる環境を構築する方法を紹介します。

■ j2sdkの取得

  1. Sun Microsystems社ダウンロードページより「JDK 5.0 Update xx(xxは番号)」欄の「ダウンロード」をクリックします。
  2. 使用許諾契約の「Accept License Agreement」ラジオボタンを選択します。
  3. Linux Platform - Java Development Kit 5.0 Update xxにある「Linux self-extracting file」をクリックするとダウンロードします。
  4. ダウンロードした「jdk-1_5_0_12-linux-i586.bin」(2007年06月11日 現在)を、サーバの/rootにコピーします。

■ j2sdk(JDK)のインストール

実行できる様にする
# chmod 755 jdk-1_5_0_12-linux-i586.bin

J2SDKの抽出
# ./jdk-1_5_0_12-linux-i586.bin
Sun Microsystems, Inc. Binary Code License Agreement

for the JAVA 2 PLATFORM STANDARD EDITION DEVELOPMENT KIT 5.0
        :
使用許諾契約が出るのでスペースキーを押下する(複数回)
        :
For inquiries please contact:  Sun Microsystems,  Inc., 4150
Network  Circle,  Santa  Clara,   California  95054,  U.S.A.
(LFI#143333/Form ID#011801)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking...
Checksumming...
0
0
Extracting...
UnZipSFX 5.42 of 14 January 2001, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
   creating: jdk1.5.0_12/
   creating: jdk1.5.0_12/jre/
   creating: jdk1.5.0_12/jre/bin/
        :
        :
        :
Creating jdk1.5.0_12/jre/lib/plugin.jar
Creating jdk1.5.0_12/jre/lib/javaws.jar
Creating jdk1.5.0_12/jre/lib/deploy.jar

Done.


展開されたモジュールを移動
# mv jdk1.5.0_12/ /usr/local/
今後のJDKバージョンアップを考慮しシンボリックリンクを貼る
# ln -s /usr/local/jdk1.5.0_12/ /usr/local/java
シンボリックリンクの確認
# ll /usr/local/
lrwxrwxrwx 1 root root   23 2007-06-11 18:03 java -> /usr/local/jdk1.5.0_12/

■ j2sdkの設定

環境ファイルの編集
# vi /etc/profile

以下を最終行に追加

export JAVA_HOME=/usr/local/java
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

編集した環境ファイルを反映させる
# source /etc/profile

■ j2sdk環境の動作確認

■ テスト用のJavaソース作成

Javaソースの作成
# vi TestJava.java
public class TestJava {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Test Java For Linux Version.");
    }
}

■ Javaソースのコンパイル

作成したJavaソースをコンパイル
# javac TestJava.java

■ Javaの実行

コンパイルしたJavaを実行
# java TestJava
Test Java For Linux Version.

上記のように、「Test Java For Linux Version.」が表示されれば、Java開発実行環境の完成です。

■ コンテンツ関連

■ その他

リーズナブルで抜群のスペック。パソコン工房
ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2016 First home server construction. All Right Reserved.