はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> ちょっと便利なTIPS集 >> Mailサーバ(Postfix) >> メールヘッダで受信メールを拒否する方法

■ TIPS集『Mailサーバ(Postfix)』

 メールヘッダで受信メールを拒否する方法

メールのヘッダには複数の情報が設定されています。
Return-Path:
Subject:
To:
From:
Reply-To:
  :
  :

この項目に指定した文字が設定されていたら受信せずにMTAでエラーを送り元に返す事が出来ます。
送信者には、送り先より拒否された旨が返信されます


postfix設定ファイルの変更(ヘッダチェックを有効にする)
# vi /etc/postfix/main.cf
header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

ヘッダチェックを有効にする為、postfixを再起動
# /etc/rc.d/init.d/postfix restart


ヘッダチェックファイルへ拒否文字列を定義
例)送信者が「linux@xxxx.com」の場合拒否する
# vi /etc/postfix/header_checks
/^From:.*linux@xxxx.com / REJECT


以下URLでも同様の説明をしています。
 参照:http://kajuhome.com/postfix_secure_setting.shtml

■ コンテンツ関連情報

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.