はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> ちょっと便利なTIPS集 >> DNSサーバ(Bind) >> スレーブの設定方法

■ TIPS集『DNSサーバ(Bind)』

 スレーブの設定方法

スレーブサーバの作成はとても簡単です。

まず、スレーブとするサーバにDNSサーバを構築します。
参照)『DNSサーバの構築(BIND) 』http://kajuhome.com/bind.shtml

例)マスタサーバ「192.168.1.5」、スレーブサーバ「192.168.1.6」とした場合

設定ファイル「/etc/named.conf」の正引き・逆引きゾーンの設定を以下の様に変更します。
# vi /etc/named.conf
// 正引きゾーンの指定
zone "kajuhome.com" IN {
    type を slaveに指定
    type slave;
    マスタサーバのIPアドレスを指定
    masters { 192.168.1.5};
    スレーブ用のゾーンファイル名
    file "kajuhome.com.slave.db";
};
// 逆引きゾーンの指定(説明は正引きに同じ)
zone "1.168.192.in-addr.arpa" IN {
    type slave;
    masters { 192.168.1.5};
    file "1.168.192.in-addr.arpa.slave.db";
};

マスタ側の「/etc/resolv.conf」内にスレーブサーバのIPアドレスを追加します。

# vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.1.5
nameserver 192.168.1.6


備考)DHCPサーバを構築してクライアントにスレーブサーバも通知したい場合は、
DHCPサーバ設定ファイル「/etc/dhcpd.conf」の「option domain-name-servers」に、
サーバのIPを","カンマで区切り追加します。
# vi /etc/dhcpd.conf
option domain-name-servers 192.168.1.5 , 192.168.1.6;

■ コンテンツ関連情報

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.