はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> ちょっと便利なTIPS集 >> ネットワーク >> 無駄なルーティング情報を無効にする

■ TIPS集『ネットワーク』

 無駄なルーティング情報を無効にする

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)が見つからなかった時(IPアドレスを取得できなかった時)に、
TCP/IPがプライベートIPアドレスを自動的に割り当てる機能(APIPA:Automatic Private IP Address)を実装しています。
この為、ルーティングに「169.254.0.0」が登録されています。(以下参照)

ルーティング情報表示
# route
Kernel IP routing table
Destination   Gateway     Genmask     Flags Metric Ref  Use Iface
192.168.1.0   *        255.255.255.0  U   0   0    0 eth0
169.254.0.0   *        255.255.0.0   U   0   0    0 eth0
default     192.168.1.1   0.0.0.0     UG  0   0    0 eth0


無駄なルーティング情報なので、以下の設定を行うことにより無効にする事をお勧めします。

ネットワーク設定ファイルの編集
# vi /etc/sysconfig/network
以下の行を追加
NOZEROCONF=yes

ネットワークサービスの再起動
# /etc/rc.d/init.d/network restart


ルーティング情報表示
# route
Kernel IP routing table
Destination   Gateway     Genmask     Flags Metric Ref  Use Iface
192.168.1.0   *        255.255.255.0  U   0   0    0 eth0
「169.254.0.0」の情報がなくなった
default     192.168.1.1   0.0.0.0     UG  0   0    0 eth0

■ コンテンツ関連情報

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.