はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 メールサーバーの送受信テスト
日時: 2006/10/28 17:26
名前: とんとん

こんにちは。

いろいろご迷惑おかけいたしまして申し訳なく思っております。
管理人さま、皆様にご迷惑おかけいたしました。

今、メールサーバーの送受信のテストをしておりますがうまく行きません。

自分宛に送信いたしますとメインメールのパスワードが要求されるのですが
SMTPサーバーPostfixの設定ではパスワードを設定するところがありません。
ユーザーのパスワードでよろしいのでしょうか?

ユーザーのパスワードを入力いたしますとちがうみたいで何度も要求されます。


それから設定で不明なところなのですが

TCMPサーバーPostfixの設定で下記のようにポートを入れるのが正しいのでしょうか?
myhostname = miserver.dvrdns.org:8080

mydomain = dvrdns.org:8080

いろいろすみませんがよろしくお願いします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.1 )
日時: 2006/10/28 19:21
名前: ペコ   <ippeip@yahoo.co.jp>

SMTP-Authを設定するとき、パスワードを既定のユーザにするか、
別パスワードにするか選ぶことができます。
おそらく、構築したとき、別パスワードにしたのだと思います。
vi /usr/lib/sasl2/smtpd.conf
で、pwcheck_method:が、「auxprop」になっていた場合は、
別パスワードにする設定です。
以下を確認してみてはいががですか?
http://kajuhome.com/postfix.shtml#n05


あと・・・8080って、WEBサーバのポートでは、ないのですか??
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.2 )
日時: 2006/10/28 19:53
名前: とんとん

ペコさんありがとうございます。

>SMTP-Authを設定するとき、パスワードを既定のユーザにするか、
解説書にそって設定しているのですがその中には「SMTP-Auth設定」がなかったものですから
その設定はやっておりませんでした。

今はユーザーのパスワードを入れますと下記のように表示されます。

「SMTPサーバーに認識できません、サーバーから間違えた承認応答が
ありました
mi***@***.***.dvrdns.orgのSMTPパスワードを入力してください」

>pwcheck_method:が、「auxprop」になっていた場合は、
やってみたいのですがちょっと自信がない?・・・・でもやったほうがいいですよね。

>あと・・・8080って、WEBサーバのポートでは、ないのですか??
ポートを入れてはだめですよね?

実はルーターを80と8080に分けてサーバー構築しましたので。
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.3 )
日時: 2006/10/28 20:05
名前: とんとん

確認しましたらかきのように出ました。


pwcheck_method: saslauthd
mech_list: plain login cram-md5 digest-md5
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.4 )
日時: 2006/10/28 20:14
名前: ペコ   <ippeip@yahoo.co.jp>

規定値のままですから、おそらくパスワードは、ユーザのものです。

では、vi /etc/postfix/main.cfで、
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
になっていたら、
smtpd_sasl_local_domain = $mydomain
に変更してみてください。

そのあと、postfixを必ず再起動してください。
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.5 )
日時: 2006/10/28 20:23
名前: とんとん

やってみました。
でも、このように出ました。
これまでの設定がまちがっているのでしょうか?

Global Postfix configuration file. This file lists only a subset
# of all 300+ parameters. See the postconf(5) manual page for a
# complete list.
#
# The general format of each line is: parameter = value. Lines
# that begin with whitespace continue the previous line. A value can
# contain references to other $names or ${name}s.
#
# NOTE - CHANGE NO MORE THAN 2-3 PARAMETERS AT A TIME, AND TEST IF
# POSTFIX STILL WORKS AFTER EVERY CHANGE.

# SOFT BOUNCE
#
# The soft_bounce parameter provides a limited safety net for
# testing. When soft_bounce is enabled, mail will remain queued that
# would otherwise bounce. This parameter disables locally-generated
# bounces, and prevents the SMTP server from rejecting mail permanently
# (by changing 5xx replies into 4xx replies). However, soft_bounce
# is no cure for address rewriting mistakes or mail routing mistakes.
#
#soft_bounce = no

# LOCAL PATHNAME INFORMATION


 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.6 )
日時: 2006/10/28 20:31
名前: ペコ   <ippeip@yahoo.co.jp>

ファイル内に
smtpd_sasl_auth_enable = yes
はありますか?
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.7 )
日時: 2006/10/28 21:01
名前: とんとん

遅くなりました。
有りました。

# readme_directory: The location of the Postfix README files.
#
readme_directory = /usr/share/doc/postfix-2.2.8/README_FILES

# Enable SMTP Auth
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_security_options = noanonymous
broken_sasl_auth_clients = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks, permit_auth_destination,
permit_sasl_authenticated, reject


メールを送信しますと下記のようになっています。

メインメール(pop)は完了しましたと表示されます。
stmpはメッセージを送信中で止まっています。
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.8 )
日時: 2006/10/28 21:21
名前: とんとん

ユーザー名の設定箇所のひとつが違っていたみたいなので
直しましたら。

Evolutionのエラーが表示されました。
これはどうしたことでしょう。

「RCPT TO<miya@***.**.dvrvns.org>コマンドが失敗しました:要求された動作は
完了しません:メールボックスは使用できません。」


でも、Evolution開発チームのページが受信され表示されました。
再度テストメールを送りますと上記のエラーがでます。
 Re: メールサーバーの送受信テスト ( No.9 )
日時: 2006/10/29 11:40
名前: とんとん

こんにちは。

メールアドレスの設定ミスが原因でした。

自分宛に受送信ができました。

でもwindows側のoutlookの方に送信しても受信ができません。

これはプロバイダ側にて制御しているのでしょうか?

仕方ないですね。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.