はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 rpmパッケージが重複
日時: 2006/09/05 17:20
名前: ゆきゆき

?不明点・障害内容:
大変申し訳御座いませが、駄目もとで質問させて頂きたい件が御座います。
先日、centosが4.4にupgradeしたようで、その際に yum update を行い、
全pkgのupdateを行いました。
ところが、udevのupdateでyumが止まってしまい、1時間経っても反応がない為、
ctrl+Cでストップさせました。
その後、機器をrebootして再度 yum update を行うと一部のrpmは正常にupdateされましたが、
残りはupdateされないままです。

# yum update
Setting up Update Process
Setting up repositories
update          100% |=========================| 951 B  00:00  
base           100% |=========================| 1.1 kB  00:00  
addons          100% |=========================| 951 B  00:00  
extras          100% |=========================| 1.1 kB  00:00  
Reading repository metadata in from local files
No Packages marked for Update/Obsoletion

updateされないrpmを確認すると、以下のように二つのrpmが見えます。
# rpm -q open-ssl
openssl-0.9.7a-43.8
openssl-0.9.7a-43.10

このようなパッケージが全部で100個以上ある状態なのですが、この状態を正常な状態に
戻す方法は御座いますか?
ちなみにひとつずつであれば、下記のように新しいrpmをdb削除して再度yumを行うことで
回復できることは確認済みなのですが、いかんせん量が多いので、もっと効率的な方法を探しています。
# rpm -e --justdb openssl-0.9.7a-43.10
# yum update

?ログの有無   :無し、と思われます。
  (有:その内容):
?Distribution  :Cent-OS4.3(4.4?)

■ コンテンツ関連情報

 Re: rpmパッケージが重複 ( No.1 )
日時: 2006/09/14 14:31
名前: ゆきゆき

どなたらもご返信がないようですので
本件、closeとさせて頂きます。
やはり効果的な方法はないようですので、暫くこのまま運用することにしました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.