はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

 PASVモードでアクセスさせたい
日時: 2006/06/17 00:58
名前: くちなし   <info@dqpo.net>
参照: http://dqpo-s.ddo.jp/

?不明点・障害内容:現在PASVモードで接続できない状態なのですが、接続させたいと思っています。
ところが、いざPASVモードで接続を試みるとファイルリストを取得できません。
接続先ポートは50008番で、vsftpdの設定は以下のようになっています。
pasv_min_port=50008
pasv_max_port=50008
pasv_enable=YES
pasv_promiscuous=YES
ルータ上でポートは開放していますが、ポートチェックを行うとアクセスに失敗します。
ポート開放の設定は行ってもそのポートを利用するソフトを立ち上げていないとポートがあかないので、その辺が原因になると思うのですが…。
何が原因か、ご教授いただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

?ログの有無   :
  (有:その内容):無し
?Distribution  :
      Version:FedoraCore2
?Service Name  :
      Version:
?ネットワーク構成:

■ コンテンツ関連情報

 Re: PASVモードでアクセスさせたい ( No.1 )
日時: 2006/06/17 12:58
名前: moja

はじめまして

私のところでは、vsftpdがうまくいかなかったために、proftpdを使っています。
それはそうと、

質問
?LAN内は接続できていますか?
?外部とサーバ間にルータがありますか?
 A)ない(DMZ)
 B)ある(NAT付きルータ配下)
 C)ある(NAT無しルータ配下)

対処
?で接続できていないのであれば、
 1)hosts.allow でデーモンにアクセス可能になるように。
 2)iptables使ってたら、ポートを開放して再チャレンジ。

?は、接続形態ではありません(BフレッツとかADLSとか)
 Aだったら、?を参考にしてください。
 Bだったら、ルータにフィルタリングを設定した後、スタティックNATを設定してやってください。
 Cだったら、vsftpdでは無理かもしれません。

理由
VsFTPDがクライアントからのPASV要求に対して、サーバ機のプライベートIPを返してしまうことで
接続失敗が起こるんだそうだ。
VsFTPDがマスカレードに対応している場合はマスカレードを指定をしてあげることで回避できるんだけど、
マスカレード指定するのは、IPアドレスが固定IPだったらIPアドレス。動的IPだったら、ドメイン名
にする。
ちなみに、ルーターがNAT対応で、VsFTPDに対するPASV要求への返答に、WAN側のIPアドレスを返してくれ
る場合に限りドメイン名でおっけです。
この辺の詳しい説明は、ここがお勧め
http://www.aconus.com/~oyaji/router/ftp.htm
 Re: PASVモードでアクセスさせたい ( No.2 )
日時: 2006/06/18 11:28
名前: 武蔵

ちなみにftp発行側ってWindowsのDos窓ではないですよね?

DosのFTPコマンドはパッシブ非対応です。
 Re: PASVモードでアクセスさせたい ( No.3 )
日時: 2006/06/19 23:45
名前: くちなし   <info@dqpo.net>
参照: http://dqpo-s.ddo.jp/

FTPはFFFTPで接続を行っております。
現在サーバーを委託している友人に連絡が付かない状態で、mojaさんの質問に回答できない状況です。
状況を把握次第再度お伺いするかも知れませんが、よろしくお願いします。
また、レスをくださった方、ありがとうございました。
 Re: PASVモードでアクセスさせたい ( No.4 )
日時: 2006/06/22 22:05
名前: くちなし   <info@dqpo.net>
参照: http://dqpo-s.ddo.jp/

友人から返事が来ました。
LAN無いからPASVモードで接続はできると言うこと。
ルータはNAT無しだと思います。
FTPソフトを入れ替えるのも面倒ですし、このまま行こうかと思います。
ありがとうございました。

このほかに解決法をご存じの方は、ご教授いただければ幸いです。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.