はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

 ClamAVのエラーについて・・・
日時: 2006/01/10 14:14
名前: 助けて!

FedoraCore4の環境で「FedoraCore4で作る最強の自宅サーバー」に載っていたAMaViSdとClam AntiVirusを使ってウィルス対策をしておりますが、書籍に記載された通りに設定をしたところ、ウィルスチェックは正常に働いておりますが、FreshClam-sleapのエラーが毎回出てしまっています。

WARNING: update of clamav database is disabled; please see
  '/etc/sysconfig/freshclam' 
  for information how to enable the periodic update resp. how to turn
  off this message.

ログを見るとclam-updateの欄に

The ClamAV update process (freshclam daemon) was not running!
 If you no longer wish to run freshclam, deleting the freshclam.log
 file will suppress this error message.


といったメッセージが出ていました。

コマンドでfreshclamと打つとちゃんとアップデートされます。

Clamの2つの設定ファイル内の"Exampl"の行をコメントアウトするというのが載っていたのでそれは試してみましたが変わりません。

よろしくお願いします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: ClamAVのエラーについて・・・ ( No.1 )
日時: 2006/01/10 19:18
名前: 管理者

サービス起動状態がOFFになっていませんか?

起動状態確認
# chkconfig --list freshclam
freshclam    0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off


もし、上記の様にOFFになっていたら下記コマンドでONにして下さい。

# chkconfig freshclam on


このままでは、再起動しない限り「freshclam」は実行されないので、再起動しないのであれば下記コマンドで「freshclam」を実行します。

# /etc/rc.d/init.d/freshclam start

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.