はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

 Postfixの認証について
日時: 2011/01/12 11:48
名前: 後藤のぶ

お世話になります。

OS ・・・CentOS release 4.7
PostFix ・・・2.2.10

以下のようなローカルユーザは以下のような状況になっております。
Domain ・・・hoge.co.jp
root(もちろん存在) sales(存在しない)

PostFixの設定は以下のようになっております。
smtpd_sasl_auth_enable = yes
broken_sasl_auth_clients = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination

上記のような状況で、何処からか
sales@hoge.co.jpからroot@hoge.co.jp宛てのメールが送信されてきます。

ローカルユーザの場合でもSMTPの認証を行いたいのですが、どのように設定すれば
宜しいのでしょうか?

Mailのlog
Jan 11 01:13:13 hoge.co.jp postfix/local[11111]: 11111111: to=<root@hoge.co.jp>, orig_to=<sales@hoge.co.jp>, relay=local, delay=1, status=sent (delivered to maildir)

宜しくお願い致します。

■ コンテンツ関連情報

 Re: Postfixの認証について ( No.1 )
日時: 2011/01/14 15:41
名前: セブン

>root(もちろん存在) sales(存在しない)

/etc/passwd に存在してないって事ですよね?
メールログは確かにsales@hoge.co.jpですけど、他(外部)から偽って送られてるってことないですか?

main.cfにlocal_recipient_mapsを空で追加して拒否するっていうのも有りかもw

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.