はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 DNSの設定について(第2弾)
日時: 2010/06/24 09:27
名前: kumasan
参照: http://city21.homedns.org/info/

1.不明点・障害内容:DNSの設定について(第2弾)
2.ログの有無   :なし
  (有:その内容) :
3.Distribution  :2.6.11-1.1369_FC4
      Version :
4.Service Name  :
      Version :
5.ネットワーク構成:光フレッツ + FC4
kumasanです
一度、クローズドした件の第2弾です
ペングイン様 stranger様のご意見をいただき、DNSの設定
はでき、
namedの起動も何の異常もなくとおりました。
namedが自動起動するように
#chkconfig named on もできました
設定を反映するための
# /etc/rc.d.init.d/named reload
を実施しました
/etc/resolv.confの中を
nameserver 192.168.2.30
として設定は終わりました
そこで、DNSのテストということで
正引きのテスト
>linux.city21.homedns.org
別名テスト
>www.city21.homedns.org
MXレコード検索
>set type=mx
>city21.homedns.org

逆引きテスト
>192.168.2.30
以上のテストについても結果はOKでした
そこで、LANに繋がっている、クライアント端末(Win-xp)の
インターネットプロトコルのプロパティタブで
IPアドレスは自動設定
 DHCPはルータより配布するようにしているため
DNSについて
 次のDNSサーバのアドレスを使うとして
 そこに
 192.168.2.30
を指定しました

その設定で、LANの中にあるWEBサーバのURLを入れると
「WEBページがみつかりません」とでます
直接、192.168.2.30/・・・とすると出てきます
まだ、どこか設定で足りない所があるのでしょうか?
わかったら教えていただければ幸いです

■ コンテンツ関連情報

 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.1 )
日時: 2010/06/24 10:22
名前: ペングイン

kumasan様

現在の状況を確認させて頂きますと、

・LAN環境に独自DNSサーバを用意した。
・独自DNSサーバの中に正しくゾーンを用意し、名前解決も成功した。
・新たにWindowsXP端末にて、利用DNSの設定を独自DNSサーバのIPアドレスに変更した。

以上でよろしいでしょうか?

問題の切り分けとして、WindowsXP端末のコマンドプロンプトを用いて
以下をお勧めいたします。

1.「nslookup」 と入力し、「Default Nameserver」がお望みのDNSサーバのIPアドレス
  で表示されるかどうか。

2.上記1が表示される場合、「名前解決希望ドメイン」を入力し解決できるか。

3.上記1が他のDNSサーバを向いている場合(例えばルータのIPなど)、「server DNSのIP」と入力
  その後上記2を試し、名前解決できるか確認。

切り分けていただければ、次に何処を深く見る必要があるか確認できるかと存じます。
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.2 )
日時: 2010/06/24 11:14
名前: kumasan
参照: http://city21.homedns.org/info/

ペングイン 様

 朝から恐縮です
 ご質問のnslookupでのテストは下記のとおりで
 多分、テストの結果としてはOKでないでしょうか?

 ただ、
 ・新たにWindowsXP端末にて、利用DNSの設定を独自DNSサーバのIPアドレス
  (192.168.2.30)に変更した。
 しかし、
  http://city21.homedns.org/info/
 と打鍵しても表示されないという現象です



[root@linux ~]# nslookup
> linux.city21.homedns.org
Server:     192.168.2.30
Address:    192.168.2.30#53

Name:  linux.city21.homedns.org
Address: 192.168.2.30
> www.city21.homedns.org
Server:     192.168.2.30
Address:    192.168.2.30#53

www.city21.homedns.org canonical name = linux.city21.homedns.org.
Name:  linux.city21.homedns.org
Address: 192.168.2.30
> 192.168.2.30
Server:     192.168.2.30
Address:    192.168.2.30#53

30.2.168.192.in-addr.arpa    name = linux.city21.homedns.org.
>
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.3 )
日時: 2010/06/24 12:01
名前: ペングイン

kumasan様

説明が不足しており申し訳ございません。

WindowsXPのインターネットブラウザに「http://city21.homedns.org/info/」と
入力してもWebサーバへの接続が出来ず「192.168.2.30」と入力すると接続かつ
Webページ閲覧が出来るという状況にお変わりはございませんでしょうか。

「nslookup」のテストですが、WindowsXP付属のプログラム「コマンドプロンプト」
にて実行し、問題の切り分けを行っていただけますでしょうか。

ご提示頂きました、DNSサーバを設置しているサーバ上でのnslookupが成功していることは、

・ローカル(localhost,DNSサーバ自身)からの名前解決は許可されている
・ゾーンファイルの設定に誤りはない

ことが分ります。

従いまして、次は是非WindowsXP端末上でのnslookupをお試し頂きたいと思います。

WindowsXPのDNS設定が正しく反映しているか?
WindowsXPのDNS設定が反映していない場合、確認が必要。
WindoswXPのDNS設定が反映しているにもかかわらず、解決できない場合、DNSサーバの設定の確認が必要。

WindowsXP端末でのnslookupを用いて、問題の切り分けを行いましょう。

何か分ればその次が開けてきますので、宜しくお願いします。


p.s
もしかすると「http://www.city21.homedns.org/info/」でアクセスできるのでは・・・・
 
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.4 )
日時: 2010/06/24 13:41
名前: kumasan
参照: http://city21.homedns.org/info/

ペングイン 様

 kumasanです

 先に
 >もしかすると「http://www.city21.homedns.org/info/」でアクセスできるのでは・・・・

 そのとおりでした。
 
 wwwがつくとできる、wwwがないとできない・・・というのはどこかの設定が誤って
 いるのでしょうか



 あと、当方の早合点で申し訳ありませんでした
 WindowsXP端末上でのnslookupですが・・

 nslookup city21.homedns.orgとすると
 server : linux.city21.homedns.org
 adress : 192.168.2.30

 Name  : city21.homedns.org

と表示されます
 よろしくお願いします。
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.5 )
日時: 2010/06/24 14:36
名前: ペングイン

kumasan様

まずは、WindowsXPでのnslookup確認ありがとうございました。

>  server : linux.city21.homedns.org
>  adress : 192.168.2.30
>
>  Name  : city21.homedns.org


正しく「192.168.2.30(linux.city21.homedns.org)」がDNSに
設定されている事が確認できましたね。

本題に戻り「www」が無いとアクセスできない理由ですが、

■DNSの設定について #(第1弾)
 にて共有頂きましたkumasan様のDNSゾーンファイル(/var/named/*.db)を元に説明させていただきます。
======================
$TTL 86400
city21.homedns.org. IN  SOA   linux.city21.homedns.org.  root.city21.homedns.org.  (

20060110       ;Serial
7200         ;Refresh
3600         ;Retry
604800        ;Expire
86400        ;Minimum TTL

)
          IN  NS  linux.city21.homedns.org.
          IN  MX 10 linux
linux        IN  A   192.168.2.30
          IN  MX 10 linux
www         IN  CNAME linux
=======================

上記ゾーンファイルから参照できるレコードは「いくつ」で「なにレコード」でしょうか。

・   city21.homedns.org の NSレコード
・   city21.homedns.org の MXレコード
・linux.city21.homedns.org の Aレコード
・linux.city21.homedns.org の MXレコード
・ www.city21.homedns.org の CNAMEレコード

では、何を足すと「city21.homedns.org」のAレコードを参照できるように成るのか
ご検証下さります様お願い致します。


 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.6 )
日時: 2010/06/24 16:06
名前: kumasan
参照: http://city21.homedns.org/info/

ペングイン 様
 
 ありがとうございます。
 さて、質問いただいたので再度、テキストをみなおしてみました。
 上記のスクリプトの意味が少しづつ理解できているようですが
 完全でないようです
 
 上記の質問の・の2つ目と4つ目のMXレコードについては
 当方のスクリプトをみると同じなので、
 ・4つ目のように

linux IN  MX 10 linux

 とすべきなのでしょうか?

この意味はlinux.city21.homedns.orgあてのメールをlinux.city21.homedns.orgにいく
 設定と思っています

 この解釈でよろしいでしょうか

 さて、ご質問ですが

 >では、何を足すと「city21.homedns.org」のAレコードを参照できるように成るのか

 linux        IN  A   192.168.2.30
 このあとに
           IN  A   192.168.2.30
 を入れてみました
 つまり
 空白部分 city21.homedns.org にきたら、Aレコードで192.168.2.30に
 したらと思ったのでそのように書き換えてみたのですが
 状態は同じでした。
 この考えは違っているでしょうか(というより違っているのでうまく
 いかないのですが・・・)




 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.7 )
日時: 2010/06/24 16:17
名前: stranger
参照: http://ja.528p.com/

@  IN  A   192.168.2.30
linux  IN  A   192.168.2.30
www  IN  A   192.168.2.30

@ の行を追加
bind9ではCNAMEはサポートされるが推奨されない
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.8 )
日時: 2010/06/24 16:59
名前: kumasan
参照: http://city21.homedns.org/info/

stranger 様

 kumasanです
 ありがとうございました。
 下記のようにしたらうまくいきました

====================================
$TTL 86400
city21.homedns.org. IN SOA  linux.city21.homedns.org.  root.city21.homedns.org. (
20060110       ;Serial
7200         ;Refresh
3600         ;Retry
604800        ;Expire
86400        ;Minimum TTL
)
;
           IN  NS  linux.city21.homedns.org.
           IN  MX 10 linux
;
           IN  A  192.168.2.30
linux        IN  A  192.168.2.30
www         IN  A  192.167.2.30
==========================================================

ペングイン 様、stranger 様

 このたびは色々とありがとうございました。
 TEXTについても考えながら勉強させていただきました

 また、わからない所があれば教えていただければと思います
 ありがとうございました。
 とりあえず、このスレッドは閉じさせていただきます


 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.9 )
日時: 2010/06/24 17:33
名前: ペングイン

kumasan様

良かったです。
IN A の記述が足りなかったんですよね。

ではでは。
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.10 )
日時: 2010/06/24 18:30
名前: stranger
参照: http://ja.528p.com/

@  IN  A   192.168.2.30
ならばnamed.confのzone設定で記述したzoneの名前を引き継ぐ
city21.homedns.orgにピリオドをつけて

linux        IN  A  192.168.2.30
           IN  A  192.168.2.30
ならば
linux.city21.homedns.org.を引き継ぐ

どこに書くかで意味が異なります
 Re: DNSの設定について(第2弾) ( No.11 )
日時: 2010/06/24 19:55
名前: kumasan   <kumano1950@ehime.email.ne.jp>
参照: http://www.city21.homedns.org/info

stranger 様

 kumasanです
 スレッドを閉じてなかったようです

 @の意味がよくわからなかったので、空白にしました。
 空白については、ペングインさんとのやりとりで
 「どうも、上の行の情報をひきついでいるなぁ・・」と推測していました
 ただ、@について教えていただきありがとうございました。

 今回は、スクリプトの中身を少しでも理解できたと思っています
 ありがとうございました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.