はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

 PostgreSQLのログについて
日時: 2010/04/16 11:27
名前: ふじふじ

現在仕事でWebサーバを新しくし、OSもFedoraからCentOSになり、
動作確認を行っているのですが、
Basic認証を設定しユーザ管理にPostgreSQLを利用しているのですが、
認証成功後ページ遷移する度に以下のようなデータベースログが出力され、
ログファイルのサイズがすぐに膨大になってしまいます。

[unknown] [23986-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60827
sample_db [23986-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23987-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60828
sample_db [23987-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23988-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60829
sample_db [23988-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23989-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60830
sample_db [23989-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23990-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60831
sample_db [23990-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23991-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60832
sample_db [23991-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23992-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60833
sample_db [23992-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23993-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60834
sample_db [23993-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23994-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60835
sample_db [23994-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23995-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60836
sample_db [23995-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23996-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60837
sample_db [23996-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23997-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60838
sample_db [23997-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23998-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60839
sample_db [23998-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db
[unknown] [23999-1]LOG: connection received: host=127.0.0.1 port=60840
sample_db [23999-2]LOG: connection authorized: user=sample database=sample_db

旧サーバの時はこのような状態ではなかったのですが、
これはOSの違いによるものなのでしょうか?
何か回避する方法は無いのでしょうか?

そもそもこの状態は正しいのでしょうか?


■環境
 CentOS 5.4
 Apache 2.2.3
 PostgreSQL 8.1.18

認証モジュールにはmod_authn_pgsqlを使用しています。

素人質問で申し訳ありませんがわかる方がいましたらご教授願います。

■ コンテンツ関連情報

 Re: PostgreSQLのログについて ( No.1 )
日時: 2010/04/16 12:25
名前: 管理者

Fedora と CentOS では postgreSQL のログ出力設定が異なっている様です。
(CentOS ではログ出力する様な設定になっていました。)

ログの出力設定は「postgresql.conf」で行います。
「redirect_stderr = off」にする事によりログ出力無効になる様です。

下記 URL に詳しく記載されているので参照してみてください。

http://lets.postgresql.jp/documents/technical/log_setting

変更後はサービス再起動を忘れずに・・・・
 Re: PostgreSQLのログについて ( No.2 )
日時: 2010/04/16 13:06
名前: ふじふじ

早速のご回答有難うございます。
参考URLを見ながら設定を確認してみます。

やはりOSが違うと色々変わってくるものですね。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.