はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 NetBios名でSambaへアクセスしたい
日時: 2010/02/12 12:50
名前: くちなし

1.不明点・障害内容:
CentOS 5.4にて,Sambaを立てています.

クライアントのフォルダアドレスに \\ta と入力すれば,ファイルサーバにアクセスできるようにしたいと考えています.
しかし,実際にやってみると,\\taではアクセスできません.(ネットワークエラーが表示.スペルミスなどが無いか確認しろとのこと)
\\192.168.1.1とIP直打ちを行うと,アクセスが可能ですが,ファイルサーバ内のデータをローカルへコピーなどすると,セキュリティ警告がダイアログで表示されます.
(Windowsセキュリティ:これらのファイルは,コンピューターに害を及ぼす可能性があります.インターネットセキュリティ設定によると,害を及ぼす可能性のあるファイルが1つ以上あります.これらのファイルを使用しますか?)

smb.confは以下の通りです.

# Samba config file created using SWAT
# from localhost.localdomain (127.0.0.1)
# Date: 2010/02/05 19:31:02

[global]
dos charset = CP932
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
workgroup = ******
netbios = TA
server string = Samba Server Version %v
security = SHARE
# passdb backend = tdbsam
# hostname lookups = Yes
# os level = 35
# preferred master = Yes
# domain master = Yes
# wins support = Yes
# ldap ssl = no
force user = root
create mask = 0777
force create mode = 0777
force security mode = 0777
directory mask = 0777
force directory mode = 0777
hosts allow = 127., 192.168.
cups options = raw

[StaffShare]
path = /data/network
read only = No
guest ok = Yes

    cups options = raw
    vfs objects = recycle
    recycle:repository = .recycle
    recycle:keeptree = no
    recycle:versions = yes
    recycle:touch = no
    recycle:maxsize = 0
    recycle:exclude = *.tmp ~$*


Windowsクライアントのアドレスバーで,\\taと入力すればアクセスできるようにするには,どのような設定が必要でしょうか?
もし,ほかに必要な情報がありましたら,その都度補足させていただきますので,遠慮無くご請求ください.
よろしくお願いします.

2.ログの有無   :
  (有:その内容) :無し

3.Distribution  :
      Version :CentOS 5.4

4.Service Name  :
      Version :Samba 3.0.33

5.ネットワーク構成:hostname ta

ゲートウェイ

Linuxサーバ(ルーティング兼用)

ハブ

クライアント

■ コンテンツ関連情報

 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.1 )
日時: 2010/02/11 10:18
名前: stranger
参照: http://ja.528p.com/

lmhostsファイルにIPアドレスとnetbios名の対応表をつくる
samba側は/etc/samba/lmhostsとして
windows側は検索してみてください

lmhostsの例

127.0.0.1  localhost
192.168.1.1 TA
以下その他のwindowsクライアント

samba.confのglobalに
name resolve order = lmhosts host wins bcast
のように書いておくと lmhostsを最初に捜す
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.2 )
日時: 2010/02/12 13:30
名前: くちなし

お返事ありがとうございます.
早速試したところ,まだうまくいっていません.

エラーなどの状況は変わらずです.

lmhostsは
127.0.0.1 localhost
192.168.1.1 TA
192.168.2.1 TA
192.168.3.1 TA
192.168.4.1 TA
192.168.5.1 TA
192.168.6.1 TA

とし,smb.confにも
name resolve order = lmhosts host winds bcast
と記述しました.
その後,サーバをリブートし,Windows側のネットワークも無効化→有効化しましたが,状況は変わらず,\\taと検索してもつながりません.
よろしくお願いします.
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.3 )
日時: 2010/02/12 15:02
名前: stranger
参照: http://ja.528p.com/

lmhostsの説明
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/263qalmhosts/qalmhosts.html
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.4 )
日時: 2010/02/12 18:44
名前: くちなし

参考URLからの一文で,

>個々のコンピュータに固定IPアドレスを割り当てた上で

とあるのですが,lmhostsにはすべてのコンピュータの台数分,記述する必要があると言うことでしょうか?
つまり,lmhostsに記載する内容として,Linux(TA)が192.168.1.1のIPを持ち,クライアントのWindowsが192.168.1.2を持つ場合,

127.0.0.1 localhost
192.168.1.1 TA
192.168.1.2 CLIENT


と記述する必要があると言うことでしょうか?

クライアントとなるPCの台数があまりに多く,また頻繁に変更されるため,できれば,Linux配下にルーティングされたクライアントは,自動的にTAの名前解決ができるようにしたいと思っているのですが…
また,DHCPの機能も持たせているので,すべてのコンピュータをlmhostsに記載するのは事実上不可能に思えます.

もし,まだlmhostsの解釈を間違っていたら(もしかしたらNetBIOSの解釈も?),ご指摘いただけると幸いです.
よろしくお願いします.
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.5 )
日時: 2010/02/12 19:06
名前: くちなし

すみません.重要な情報を出し忘れていました.

Linuxサーバとクライアントで,同じワークグループを指定していますが,クライアントからネットワーク一覧を見ても,Linuxが見えません.
これが問題の一つにも思えます.
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.6 )
日時: 2010/02/13 14:51
名前: 中学生管理者

sambaでWinsサーバーをやらせて別セグメントと情報交換するようにすれば
いいような気がします。クライアントがDHCPサーバーからIPをもらってる
ならついでにWinsサーバーのIPをもらうこともできるし。
僕は詳しくないのでgoogleとかで検索するといいです
(質問されても調べないと分からないレベルですから・・・w)
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.7 )
日時: 2010/02/20 01:19
名前: くちなし

遅くなりまして申し訳ありません.
sambaにwinsをサポートさせてみましたが,状況は変わっていません.
諦めてIP接続でもかまわないのですが,その際のWindows警告を消したいとも考えております.
また何か情報がありましたら,ご教授いただけると幸いです.
 Re: NetBios名でSambaへアクセスしたい ( No.8 )
日時: 2010/02/25 17:17
名前: くちなし

本日何気なく \\mj と入力してアクセスしてみたところ,正常にアクセスすることができました.
設定が浸透するのに時間がかかるのでしょうか・・・.
ご回答くださいました皆様方,ありがとうございました.

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.