はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 winbind環境でのPostfix設定
日時: 2009/04/30 14:42
名前: 83186

winbind環境でPostfixを利用しています。
本日から急にメールの送受信が不可となりました。

Postfix、dovecotのサービスは再起動を実施、クライアントメーラーからは送信はできても
受信はできない状態です。SVログを確認すると

dovecot: POP3(***): mkdir(/home/***/Maildir/cur) failed: Permission denied
dovecot: POP3(***): Couldn't open INBOX: Internal error occurred. Refer to server log for more information.
dovecot: POP3(***): Couldn't open INBOX top=0/0, retr=0/0, del=0/0, size=0

というMsgが表示されております。

認証はADから行っているため、CentOS側でのユーザー登録は行っておりません。
なので上記Permission deniedといわれているディレクトリはありません。

コンソールからの確認で
net ads info
⇒LDAPサーバ情報表示
net ads testjoin
⇒join is OK
wbinfo -u
⇒ADクライアント参照可能
wbinfo -g
⇒ADグループ参照可能
wbinfo -t
⇒checking the trust secret via RPC calls succeeded
という状態です。

利用ソフトのバージョンは下記となります。
OS CentOS release 5.2 (Final)
postfix 2.3.3

前任者が環境構築をおこないましたが、資料なしの状態できえていきました。
情報が少ないかもしれませんが、よろしくお願いします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: winbind環境でのPostfix設定 ( No.1 )
日時: 2009/04/30 17:12
名前: うり坊

今日何をしましたか?
それが原因です・・・


yumのアップデートもしてないんだから、あなたが何をしたかが原因です。
 Re: winbind環境でのPostfix設定 ( No.2 )
日時: 2009/04/30 17:58
名前: 83186

うり坊 さん書き込みありがとうございます。

本日、私は何もしていません。
会社にきたら、「mail使えないよ」の話がありました。

設定を今一度確認してみました。
そうすると/etc/pam.d/system-auth(-ac)ファイルが
書き換わっていました。

追記してあるハズ(?)の
session required pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=0022
が消えていたので、追記してSV再起動。

無事にmailが受取れることが確認しました。

お騒がせしながら自己解決いたしました。
ご協力いただきましてありがとうございました。

ちなみにlogは
maillog⇒29日17:56から表記していますMsgが発生しておりました。
その他のdmsgやmesseges、boot.log等にはその時間何もありませんでした。

あと1点ご教授ください。

authconfigはユーザーが実行させる以外に、起動されることとか
あるのでしょうか?

以上よろしくお願いします。



■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.