はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 sambaのおかしな現象
日時: 2008/12/31 09:23
名前: KEN

1.不明点・障害内容:sambaが所定のワークグループに参加しない
2.ログの有無   :
  (有:その内容) :
3.Distribution  :Fedora
      Version :10
4.Service Name  :smb
      Version :
5.ネットワーク構成:

 済みません、これは私の環境ではなく友人宅です。「LINUXを始めたい」ということで進めてきており、
OSのインストールは完成しています。そこで、Windowsとのファイル共有をしたいということでsambaを
始めました。物理的には、pingも通りますので正常に接続できています。
ただ、VIPERというワークグループにsambaが参加できず、どこにも設定がない[Mygroup」という別のワーク
グループができてしまっていて、そのなかにsambaが見える状態で、その中のpublicを開こうとするとユー
ザーIDとパスワードを聞いてくる状態になっています。
 Windows側というか、ワークグループはVIPERとしてあります。ネットワークアドレスは192.168.1.*です。
ifconfigの結果も正常に192.168.1.25で帰っています。
smb.confは以下のようになっており、間違いがないように思います。

[global]
# Linux側の日本語文字コード
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
# Windows側の文字コード
dos charset = CP932
# ファイル作成時のパーミッション(誰でも読み書き・削除できる様にする)
create mask = 0777
force create mode = 0777
security mask = 0777
force security mode = 0777
# ディレクトリ作成時のパーミッション(誰でも読み書き・削除できる様にする)
directory mask = 0777
force directory mode = 0777
directory security mask = 0777
force directory security mode = 0777
# ファイル・ディレクトリ作成時の所有者を「root」にする
force user = root
security = share

# workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name
# ワークグループ名の指定(Windowsのネットワークのドメイン名またはワークグループと
同じにする)
workgroup =VIPER

# This option is important for security. It allows you to restrict
# connections to machines which are on your local network. The
# following example restricts access to two C class networks and
# the "loopback" interface. For more examples of the syntax see
# the smb.conf man page
# 内部からのアクセスを可能とする(外部からはアクセスさせない)
# 192.168.1.は自分の環境に合わせる

hosts allow = 192.168.1. 127.

# []内がネットワーク上で見える名前になる)
# pathで指定したディレクトリが共有される
[public]
path = /home/share
public = yes
writeable = yes
browseable = yes
guest ok = yes

 何か思い当たる点はありませんでしょうか?

■ コンテンツ関連情報

 Re: sambaのおかしな現象 ( No.1 )
日時: 2009/01/01 00:50
名前: KEN

 自己解決しました。単純なミスだったようです。お騒がせしました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.