はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 /dev/sda3 内のファイル削除
日時: 2008/05/15 12:22
名前: きちじ

はじめまして、きちじです。
こちらのサイトを見ながら、サーバーをちょくちょくいじっています。
ftpサーバーに関して分からない事がありますので、質問させていただきました。

?不明点・障害内容:
CentOS4.4 server をデフォルトでインストールしています。
ftpサーバーとして使用しています。
Hotsanicで監視しています。
ドライブの容量が
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
root filesystem
は、まだ十分なスペースがあるのですが

/dev/sda3
/boot
の容量が96%となっています。

/dev/sda3のファイルを削除したいのですが、まず、/dev/sda3に移動できません。

コマンドで操作すると、
# ls /dev/sda3
/dev/sda3

# cd /dev/sda3
-dach: cd: /dev/sda3:ディレクトリではありません

# du -a /dev/sda3
0  /dev/sda3

となります。

/dev/sda3の容量を少なくするにはどうすれば良いでしょうか?
ご教授ねがいます。




■ コンテンツ関連情報

 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.1 )
日時: 2008/05/15 12:42
名前: 管理者

> /dev/sda3
> /boot
> の容量が96%となっています。
>
> /dev/sda3のファイルを削除したいのですが、まず、/dev/sda3に移動できません。


まず「/dev/sda3」はデバイス名ですので移る(移動)する事はできません。
「/boot」がマウント位置に値すると思って宜しいですか?

「df」コマンドを実行した時の「/dev/sda3」は「/boot」にマウントしてると思っていいですか?

「/dev/sda3」は「/boot」と仮定して、

削除するとは「何を」ですか?(全部 Or 一部)
何れにしても「/boot」は見ての通り、起動時のカーネルイメージ等がある場所です。
全部消してしまえば、CentOSは起動しなくなりますし、一部を誤っても同様です。

※:対になる過去のカーネルイメージであれば問題ありません。

ちなみに、「cd /boot」にすれば移動する事が可能です。

 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.2 )
日時: 2008/05/15 16:52
名前: きちじ

管理者様
ご返事ありがとうごさいました。


>/dev/sda3
>/boot
>の容量が96%となっています。


は、Logwatchメールでも確認していますので、マウントをしていると思います。
(的はずれな コメントでしたら申し訳ありません)

また、boot移動後のdfコマンド実行は以下のようになります。

boot]# df ./
Filesystem      1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/dev/sda3        101105   91452   4432 96% /boot




また、boot内の容量が96%ですと、危険だと思われますので、
ファイルの一部を削除して、容量を減らしたいと考えています。


boot移動後に du を実行すると以下のようになるのですが、
なにを削除して、良いかが分かりません。
ですので、教えていただけると、大変たすかります。

お手数と思いますが、よろしくお願いします。


# du -a
65   ./symvers-2.6.9-67.0.7.ELsmp.gz
1419  ./vmlinuz-2.6.9-42.ELsmp
65   ./symvers-2.6.9-67.ELsmp.gz
1286  ./initrd-2.6.9-67.EL.img
763   ./System.map-2.6.9-67.0.4.ELsmp
51   ./config-2.6.9-67.0.1.EL
1491  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.7.EL
1484  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.2.EL
1339  ./initrd-2.6.9-55.0.12.ELsmp.img
64   ./symvers-2.6.9-67.0.4.EL.gz
758   ./System.map-2.6.9-55.0.2.ELsmp
1272  ./initrd-2.6.9-67.0.7.ELsmp.img
50   ./config-2.6.9-55.ELsmp
1339  ./initrd-2.6.9-55.ELsmp.img
51   ./config-2.6.9-67.0.1.ELsmp
1125  ./initrd-2.6.9-42.EL.img
51   ./config-2.6.9-55.0.9.EL
1432  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.1.ELsmp
1477  ./vmlinuz-2.6.9-42.0.10.EL
1484  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.9.EL
1353  ./initrd-2.6.9-55.0.12.EL.img
742   ./System.map-2.6.9-55.0.9.EL
51   ./config-2.6.9-67.0.7.EL
2    ./grub/device.map
9    ./grub/ufs2_stage1_5
8    ./grub/vstafs_stage1_5
11   ./grub/reiserfs_stage1_5
2    ./grub/stage1
104   ./grub/stage2
11   ./grub/xfs_stage1_5
9    ./grub/e2fs_stage1_5
8    ./grub/iso9660_stage1_5
1    ./grub/menu.lst
9    ./grub/minix_stage1_5
5    ./grub/splash.xpm.gz
9    ./grub/fat_stage1_5
8    ./grub/ffs_stage1_5
10   ./grub/jfs_stage1_5
5    ./grub/grub.conf
213   ./grub
1491  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.1.EL
763   ./System.map-2.6.9-67.0.7.ELsmp
747   ./System.map-2.6.9-67.0.4.EL
51   ./config-2.6.9-55.0.2.EL
1271  ./initrd-2.6.9-67.ELsmp.img
747   ./System.map-2.6.9-67.EL
758   ./System.map-2.6.9-55.0.12.ELsmp
758   ./System.map-2.6.9-55.ELsmp
64   ./symvers-2.6.9-67.0.1.EL.gz
1287  ./initrd-2.6.9-67.0.4.EL.img
11   ./message.ja
1339  ./initrd-2.6.9-55.0.6.ELsmp.img
1424  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.6.ELsmp
758   ./System.map-2.6.9-55.0.9.ELsmp
1339  ./initrd-2.6.9-55.0.9.ELsmp.img
50   ./config-2.6.9-42.0.10.ELsmp
64   ./symvers-2.6.9-67.0.15.EL.gz
763   ./System.map-2.6.9-67.ELsmp
51   ./config-2.6.9-67.0.15.ELsmp
1287  ./initrd-2.6.9-67.0.7.EL.img
1432  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.4.ELsmp
65   ./symvers-2.6.9-67.0.15.ELsmp.gz
64   ./symvers-2.6.9-67.EL.gz
758   ./System.map-2.6.9-55.0.6.ELsmp
11   ./message
1432  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.7.ELsmp
1287  ./initrd-2.6.9-67.0.1.EL.img
51   ./config-2.6.9-67.ELsmp
1491  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.15.EL
1287  ./initrd-2.6.9-67.0.15.EL.img
1477  ./vmlinuz-2.6.9-42.EL
50   ./config-2.6.9-55.0.9.ELsmp
1424  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.2.ELsmp
1491  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.4.EL
1425  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.12.ELsmp
742   ./System.map-2.6.9-55.0.12.EL
12   ./lost+found
754   ./System.map-2.6.9-42.ELsmp
737   ./System.map-2.6.9-42.EL
1112  ./initrd-2.6.9-42.0.10.ELsmp.img
1424  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.9.ELsmp
51   ./config-2.6.9-55.0.12.EL
1353  ./initrd-2.6.9-55.EL.img
1433  ./vmlinuz-2.6.9-67.0.15.ELsmp
51   ./config-2.6.9-67.0.4.EL
1272  ./initrd-2.6.9-67.0.1.ELsmp.img
747   ./System.map-2.6.9-67.0.15.EL
1432  ./vmlinuz-2.6.9-67.ELsmp
747   ./System.map-2.6.9-67.0.7.EL
51   ./config-2.6.9-42.ELsmp
51   ./config-2.6.9-42.0.10.EL
747   ./System.map-2.6.9-67.0.1.EL
52   ./config-2.6.9-42.EL
64   ./symvers-2.6.9-67.0.7.EL.gz
1484  ./vmlinuz-2.6.9-55.EL
1484  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.12.EL
1339  ./initrd-2.6.9-55.0.2.ELsmp.img
764   ./System.map-2.6.9-67.0.15.ELsmp
763   ./System.map-2.6.9-67.0.1.ELsmp
741   ./System.map-2.6.9-55.EL
1418  ./vmlinuz-2.6.9-42.0.10.ELsmp
51   ./config-2.6.9-67.0.15.EL
51   ./config-2.6.9-67.EL
1272  ./initrd-2.6.9-67.0.15.ELsmp.img
51   ./config-2.6.9-67.0.4.ELsmp
50   ./config-2.6.9-55.0.12.ELsmp
742   ./System.map-2.6.9-55.0.6.EL
741   ./System.map-2.6.9-55.0.2.EL
51   ./config-2.6.9-55.0.6.EL
65   ./symvers-2.6.9-67.0.4.ELsmp.gz
51   ./config-2.6.9-67.0.7.ELsmp
754   ./System.map-2.6.9-42.0.10.ELsmp
1113  ./initrd-2.6.9-42.ELsmp.img
1484  ./vmlinuz-2.6.9-55.0.6.EL
1424  ./vmlinuz-2.6.9-55.ELsmp
1272  ./initrd-2.6.9-67.0.4.ELsmp.img
1353  ./initrd-2.6.9-55.0.2.EL.img
1491  ./vmlinuz-2.6.9-67.EL
51   ./config-2.6.9-55.EL
1353  ./initrd-2.6.9-55.0.6.EL.img
50   ./config-2.6.9-55.0.6.ELsmp
1124  ./initrd-2.6.9-42.0.10.EL.img
1353  ./initrd-2.6.9-55.0.9.EL.img
50   ./config-2.6.9-55.0.2.ELsmp
738   ./System.map-2.6.9-42.0.10.EL
65   ./symvers-2.6.9-67.0.1.ELsmp.gz
85825  .
 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.3 )
日時: 2008/05/15 19:00
名前: 管理者

> boot移動後に du を実行すると以下のようになるのですが、
> なにを削除して、良いかが分かりません。


以下に削除可能なものを明記しますが、十分に注意して行ってください。
誤って削除するとシステムが起動できなくなってしまいます。


まず、「/etc/grub.conf」の中身を確認します。
この設定ファイルが、起動時のカーネル指定になっています。

例)当方の「/etc/grub.conf」で説明
# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
#     all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#     root (hd0,0)
#     kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
#     initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/hda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.9-67.0.15.EL)                     ← A
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.15.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.15.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.7.EL)                      ← B
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.7.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.7.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.4.EL)                      ← C
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.4.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.4.EL.img
            :
            :
            中略
            :
            :
title CentOS-4 i386 (2.6.9-11.ELex)
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-11.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-11.EL.img

-------------------

重要な部分を明記します。
「default=0」となっている部分が起動されるカーネル番号になります
「timeout=5」はカーネル選択時のタイムアウト(秒)です

「default=0」の数値が重要で「title CentOS (2.6.9-67.xxx)」と複数定義している所が、上から0番、次が1番・・・となります。
  0の場合は A の「title CentOS (2.6.9-67.0.15.EL)」
  1の場合は B の「title CentOS (2.6.9-67.0.7.EL)」
           :
           :

カーネルのアップデートを行うと順次増えていく事となります。
(余談:最近のFedoraでは、常時2つ(現在のカーネルと、前回のカーネル)です。)

よって、上記の設定では電源投入後、キー入力が5秒間なければ A の「2.6.9-67.0.15.EL」が読み込まれる事になります。
(「default=1」と変更すれば、 B の「title CentOS (2.6.9-67.0.7.EL)が読み込まれます。)

私的には現在のカーネルと前回のカーネルの2つがあれば良いと思うので C の「2.6.9-67.0.4.EL」以前は不要と思います。

ここからその削除方法を明記します。

? まずインストールされているカーネルを調べます
# rpm -qa kernel
kernel-2.6.9-42.0.2.EL
kernel-2.6.9-42.0.3.EL
kernel-2.6.9-55.0.2.EL
kernel-2.6.9-55.0.6.EL
kernel-2.6.9-67.0.4.EL
kernel-2.6.9-11.EL
kernel-2.6.9-22.EL
kernel-2.6.9-42.0.8.EL
kernel-2.6.9-55.EL
kernel-2.6.9-67.0.1.EL
kernel-2.6.9-67.0.15.EL    ← A
kernel-2.6.9-22.0.2.EL
kernel-2.6.9-34.EL
kernel-2.6.9-34.0.1.EL
kernel-2.6.9-42.0.10.EL
kernel-2.6.9-22.0.1.EL
kernel-2.6.9-34.0.2.EL
kernel-2.6.9-55.0.9.EL
kernel-2.6.9-55.0.12.EL
kernel-2.6.9-67.0.7.EL    ← B


? 現カーネル(A)と旧カーネル(B)を除いて、それ以外のカーネルを削除します。(要注意:必ず確認の事)

# yum remove kernel-2.6.9-42.0.2.EL kernel-2.6.9-42.0.3.EL ・・・・・ kernel-2.6.9-55.0.9.EL kernel-2.6.9-55.0.12.EL
※:削除するカーネルをスペースで羅列する事で一括削除できますが、一つずつ行った方が良いかも知れません。

? 設定ファイルを確認します
  0番目と1番目のみが残っていると思います。

# cat /etc/grub.conf
# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
#     all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#     root (hd0,0)
#     kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
#     initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/hda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.9-67.0.15.EL)                     ← A
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.15.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.15.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.7.EL)                      ← B
    root (hd0,0)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.7.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.7.EL.img


これで完了となります。

 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.4 )
日時: 2008/05/16 13:38
名前: きちじ

ものすごく 丁寧なご回答ありがとうございます。

危険な上に、大変そうですので、日曜に気合いを入れて作業してみます。

結果をこちらに書かせていただきますので、閲覧してみてください。
 改めて一つ質問します ( No.5 )
日時: 2008/05/18 11:52
名前: きちじ

管理人様お世話になっています。

古いカーネルの削除につきまして分からない点が一つできたので
ファイルのの削除はまだできていません。

そこで、改めて質問させてください。

まず、grub.confファイルと# rpm -qa kernel
の実行結果を最下記に記します。

grub.confファイルのカーネルが最後に
ELとELsmpのものがあり、素人目には1セットになっているように見えますが

defult=1のとき
この場合も、
3番以降のカーネルをすべてEL、ELsmpを含め消去して良いのか
# rpm -qa kernel
に表示されている、ELのみを消去するべきなのか
自分では判断できませんのでご教授いただければ、ありがたいです。

おそらく、自分はELsmpファイルに関して、無知なせいで何か、勘違いしている気がするので
サーバのカーネルはいっさい削除していません。


]# less /etc/grub.conf
# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
#     all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#     root (hd0,2)
#     kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
#     initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/sda
default=1
timeout=5
splashimage=(hd0,2)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.9-67.0.15.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.15.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.15.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.15.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.15.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.15.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-67.0.7.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.7.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.7.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-67.0.7.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.7.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.7.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.4.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.4.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.4.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-67.0.4.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.4.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.4.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.1.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.1.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.1.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.0.1.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.0.1.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.0.1.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-67.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.EL.img
title CentOS (2.6.9-67.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-67.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-67.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-55.0.12.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.12.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-55.0.12.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-55.0.12.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.12.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-55.0.12.EL.img
title CentOS (2.6.9-55.0.9.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.9.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-55.0.9.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-55.0.9.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.9.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-55.0.9.EL.img
title CentOS (2.6.9-55.0.6.ELsmp)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.6.ELsmp ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    initrd /initrd-2.6.9-55.0.6.ELsmp.img
title CentOS (2.6.9-55.0.6.EL)
    root (hd0,2)
    kernel /vmlinuz-2.6.9-55.0.6.EL ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
:

# rpm -qa kernel
kernel-2.6.9-55.0.9.EL
kernel-2.6.9-67.0.7.EL
kernel-2.6.9-55.0.6.EL
kernel-2.6.9-55.0.12.EL
kernel-2.6.9-67.0.1.EL
kernel-2.6.9-42.0.10.EL
kernel-2.6.9-55.EL
kernel-2.6.9-67.EL
kernel-2.6.9-42.EL
kernel-2.6.9-55.0.2.EL
kernel-2.6.9-67.0.4.EL
 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.6 )
日時: 2008/05/19 11:03
名前: 管理者

返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

> 3番以降のカーネルをすべてEL、ELsmpを含め消去して良いのか
> # rpm -qa kernel
> に表示されている、ELのみを消去するべきなのか
> 自分では判断できませんのでご教授いただければ、ありがたいです。


極端に言ってしまえば 0番目 のカーネルしか使用していないので、0番目だけを残して削除してしまっても構いません。
よって、今回は0番目と1番目を残しますので、3番目以降は「EL」「ELsmp」双方とも削除しても問題ありません。
 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.7 )
日時: 2008/05/19 11:15
名前: 管理者

補足)

カーネルのアンインストール時にパッケージ名を指定しますが「kernel-2.6.9-67.0.15」の「ELsmp」を例に例えると
「kernel-2.6.9-67.0.15.EL」ではなくて「kernel-smp-2.6.9-67.0.15.EL」となります。

先日、「rpm -qa kernel」と書きましたが「rpm -qa kernel*」として実行して下さい。
 Re: /dev/sda3 内のファイル削除 ( No.8 )
日時: 2008/05/19 19:09
名前: きちじ

管理人様

丁寧な説明ありがとうございました。

無事、/boot内のファイルサイズを軽くすることができました。
再起動の確認も無事できました。

今回は大変助かりました。

今後、自分でも勉強いたしますが、分からないことがありましたら
こちらで、質問させていただく事になると思いますのでよろしくお願いします。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.