はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 bindの設定に関して
日時: 2008/03/01 21:31
名前: master

bindの設定
dhcp設定までは問題なかったのですが、
連携をし一晩起動した状態になっていたのですが朝にはbindが停止しており、起動できなくなりました。


BINDが起動できません。
Fedora 8を使っています。
エラーメッセージはこの通りです。
-------------------------------------------------------------------------------------------
named を起動中:
Error in named configuration:
/etc/named.conf:85: when using 'view' statements, all zones must be in views
                              [失敗]
-------------------------------------------------------------------------------------------
対処法をどなたか教えてください。
お願いします。。

85行はこの通りです。
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };

        zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };

下記の部分をどこかに入れなければいけないと思うのですが、どこにどのように埋め込めばよいのでしょうか?
zone "." IN {
  type hint;
  file "named.ca";
};

include "/etc/named.rfc1912.zones";

私の認識がまちがっているののでしょうか?
ご助言をお願い申し上げます。

■ コンテンツ関連情報

 Re: bindの設定に関して ( No.1 )
日時: 2008/03/01 21:45
名前: Kelp

ここに書いてあるよ。
http://kajuhome.com/bind.shtml
 Re: bindの設定に関して ( No.2 )
日時: 2008/03/01 22:45
名前: master

kelpさん有難うございます。

確かに書いてあります。
私もその通り構成しました。
ですから、bindの設定、dhcpの設定までは順調でした。

しかし、連携の設定を85行移行に追加してから、起動しなくなりました。

namedを起動しても85行目を指摘してきます。

// generated by named-bootconf.pl

options {
    directory "/var/named";
    /*
     * If there is a firewall between you and nameservers you want
     * to talk to, you might need to uncomment the query-source
     * directive below. Previous versions of BIND always asked
     * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged
     * port by default.
     */
    // query-source address * port 53;
      allow-query{
        127.0.0.1;
        192.168.0.0/24;
    };
    //allow-transfer{
    //    xxx.xxx.xxx.xxx;
     // };
    forwarders{
         202.248.37.74;
         202.248.20.133;
    };
};

//
// a caching only nameserver config
//
controls {
    inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

include "/etc/rndc.key";

view "internal" {
    match-clients { localhost; localnets; };
    recursion yes;
    
    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

include "/etc/named.rfc1912.zones";
     // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.lan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
    zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};

view "external" {
    match-clients { any; };
    recursion no;

    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

include "/etc/named.rfc1912.zones";
    // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.wan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(222.158.○○.△△)の指定
    zone "○○.158.222.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "○○.158.222.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};

85行目 ↓ これ移行を連携のために追加

// 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };

// 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
        zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };
 Re: bindの設定に関して ( No.3 )
日時: 2008/03/01 22:59
名前: Kelp

よくわからないけど、
>when using 'view' statements, all zones must be in views

とあるように view の中にすべて入ってますか?
 Re: bindの設定に関して ( No.4 )
日時: 2008/03/01 23:05
名前: master

有難うございます。
http://kajuhome.com/cooperation_dhcp_bind.shtml#n05
によると
最終行に下記を追加すると記述しております。

最終行にゾーン指定(以下)を追加
// 正引きゾーン(kajuhome.com)の指定
zone "kajuhome.com" {
    type master;
    file "kajuhome.com.db";
    Dynamic DNS機能を付加(更新するサーバのIPアドレスを指定)
    allow-update { 192.168.1.5; };
};
// 逆引きゾーン(192.168.1.0/24)の指定
zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
    type master;
    file "1.168.192.in-addr.arpa.db";
    Dynamic DNS機能を付加(更新するサーバのIPアドレスを指定)
    allow-update { 192.168.1.5; };

85行目移行がここと同じということになるはずなのですが・・。

知識がないがためにこの様な降らない質問になってしまってもうしわけありませんが、

どのようにviewの中に納めればよいのでしょうか?
おしえてください。
 Re: bindの設定に関して ( No.5 )
日時: 2008/03/01 23:42
名前: Kelp

私もやったことないのでよく分からないのですけど、
Bindのバージョンが9.5以上の場合には すべての zone は view の中に置かなければ
ならなくなったわけですよね、たぶん。

http://kajuhome.com/cooperation_dhcp_bind.shtml#n05 に最終行に追加するようにと
書いてありますが、以前のバージョンでは最終行に追加されていたzoneの定義が
今では view の中にあるわけですから、viewの中にある zone の定義を変更してやれば
いいのでは?(実際にやったことが無いのであまり自信がありませんが)

具体的には、view の中にある zone の中の
allow-update { none; };

allow-update { 192.168.1.5; };
のようにしろということでは?(もちろん192.168.1.5はこの場合サーバーのIP)

(違ってたら、どなたか訂正してくださいね)
 Re: bindの設定に関して ( No.6 )
日時: 2008/03/02 08:08
名前: 管理者

> 有難うございます。
> http://kajuhome.com/cooperation_dhcp_bind.shtml#n05
> によると
> 最終行に下記を追加すると記述しております。


わかり難くて申し訳ありません。
『DNSサーバの構築(BIND) 』と『DHCPサーバとDNSサーバの連携(DHCP/DNS) 』で大きな設定違いは、
「view」定義をしてある方は『DNSサーバの構築(BIND) 』で、『DHCPサーバとDNSサーバの連携(DHCP/DNS) 』は
「view」定義してありません。

よって、『DHCPサーバとDNSサーバの連携(DHCP/DNS) 』は最終行に設定しても問題ないわけです。
もし、新たに「view」定義を追加したならば当然、各ゾーンは「view」の中に設定する必要があります。

まだ不明な場合は、ご自身の設定ファイルを開示して頂ければ幸いです。
 Re: bindの設定に関して ( No.7 )
日時: 2008/03/02 09:13
名前: master

kelpさん有難うございます。
残念ながらご指摘いただいたとおりやってみましたが変化はありませんでした。
むろん私の理解不足かもしれません。

管理人さん有難うございます。

設定ファイルというのは下記のものでよろしいのでしょうか?

elines.jp.lan

$TTL  86400
@    IN   SOA   elines.jp. root.elines.jp.(
            2007031400   ; serial
            3600      ; refresh (1 hour)
            900       ; retry (15 minutes)
            604800     ; expire (1 week)
            86400      ; negative (1 day)
)
         IN   NS       elines.jp.
         IN   MX   10   elines.jp.
         IN   A        192.168.0.5
kingyodaneo   IN   A        192.168.0.10
kingyodanote1  IN   A        192.168.0.20
kingyoda     IN   CNAME      elines.jp.
firststep-gym  IN   CNAME      elines.jp.
medical     IN   CNAME      elines.jp.
education    IN   CNAME      elines.jp.



0.168.192.in-addr.arpa.db

$TTL  86400
@    IN   SOA   elines.jp. root.elines.jp.(
            2007031400   ; serial
            3600      ; refresh (1 hour)
            900       ; retry (15 minutes)
            604800     ; expire (1 week)
            86400      ; negative (1 day)
)
    IN   NS       elines.jp.
5    IN   PTR       elines.jp.
10   IN   PTR       kingyodaneo.elines.jp.
20   IN   PTR       kingyodanote1.elines.jp.


elines.jp.wan

$TTL  86400
@    IN   SOA   elines.jp. root.elines.jp.(
            2007031400   ; serial
            3600      ; refresh (1 hour)
            900       ; retry (15 minutes)
            604800     ; expire (1 week)
            86400      ; negative (1 day)
)
        IN   NS       elines.jp.
        IN   MX   10   elines.jp.
        IN   A        222.158.○○..△△
kingyoda    IN   CNAME      elines.jp.
firststep-gym IN   CNAME      elines.jp.
medical    IN   CNAME      elines.jp.
education   IN   CNAME      elines.jp.


220.158.222.in-addr.arpa.db

$TTL  86400
@    IN   SOA   elines.jp. root.elines.jp.(
            2007031400   ; serial
            3600      ; refresh (1 hour)
            900       ; retry (15 minutes)
            604800     ; expire (1 week)
            86400      ; negative (1 day)
)
    IN   NS       elines.jp.
△△   IN   PTR       elines.jp.

elines.jp.db

$TTL 86400
@   IN SOA elines.jp. root.elines.jp. (
        2005062001 ; serial
        3600    ; refresh (1 hour)
        900    ; retry (15 minutes)
        604800   ; expire (1 week)
        86400   ; negative (1 day)
)
         NS    elines.jp.
         MX 10  elines.jp.
         A     192.168.0.5
kingyoda     CNAME   elines.jp.
firststep-gym   CNAME   elines.jp.
medical      CNAME   elines.jp.
education     CNAME   elines.jp.


よろしくお願いします。


 Re: bindの設定に関して ( No.8 )
日時: 2008/03/02 09:19
名前: 管理者

> 設定ファイルというのは下記のものでよろしいのでしょうか?

後、「named.conf」もお願いします。
 Re: bindの設定に関して ( No.9 )
日時: 2008/03/02 09:30
名前: master

named.confです

// generated by named-bootconf.pl

options {
    directory "/var/named";
    /*
     * If there is a firewall between you and nameservers you want
     * to talk to, you might need to uncomment the query-source
     * directive below. Previous versions of BIND always asked
     * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged
     * port by default.
     */
    // query-source address * port 53;
      allow-query{
        127.0.0.1;
        192.168.0.0/24;
    };
    //allow-transfer{
    //    xxx.xxx.xxx.xxx;
     // };
    forwarders{
         202.248.37.74;
         202.248.20.133;
    };
};

//
// a caching only nameserver config
//
controls {
    inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

include "/etc/rndc.key";

view "internal" {
    match-clients { localhost; localnets; };
    recursion yes;
    
    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

include "/etc/named.rfc1912.zones";
     // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.lan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
    zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};

view "external" {
    match-clients { any; };
    recursion no;

    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

include "/etc/named.rfc1912.zones";
    // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.wan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(222.158.○○.△△)の指定
    zone "○○.158.222.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "○○.158.222.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};


// 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };

// 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
        zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };
 Re: bindの設定に関して ( No.10 )
日時: 2008/03/02 09:41
名前: 管理者

> // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
>     zone "elines.jp" {
>         type master;
>         file "elines.jp.db";
>         allow-update { 192.168.0.5; };
>     };
>
> // 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
>         zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
>         type master;
>         file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
>         allow-update { 192.168.0.5; };
>     };


最後の上記部分は不要です。まず、ここが「view」スコープ外に定義されています。
(同様の定義が「view "internal"」にあります。)

view "internal" {
    match-clients { localhost; localnets; };
    recursion yes;
    
    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

include "/etc/named.rfc1912.zones";
     // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.lan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
    zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};

それから、DHCPと連携させる為に「view "internal"」内の「allow-update { none; };」はサーバに許す必要があります。
よって、以下が「named.conf」になります。

// generated by named-bootconf.pl

options {
    directory "/var/named";
    /*
     * If there is a firewall between you and nameservers you want
     * to talk to, you might need to uncomment the query-source
     * directive below. Previous versions of BIND always asked
     * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged
     * port by default.
     */
    // query-source address * port 53;
      allow-query{
        127.0.0.1;
        192.168.0.0/24;
    };
    //allow-transfer{
    //    xxx.xxx.xxx.xxx;
    // };
    forwarders{
         202.248.37.74;
         202.248.20.133;
    };
};

//
// a caching only nameserver config
//
controls {
    inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

include "/etc/rndc.key";

view "internal" {
    match-clients { localhost; localnets; };
    recursion yes;

    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

    include "/etc/named.rfc1912.zones";
     // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.lan";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };
    // 逆引きゾーン(192.168.0.0/24)の指定
    zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "0.168.192.in-addr.arpa.db";
        allow-update { 192.168.0.5; };
    };
};

view "external" {
    match-clients { any; };
    recursion no;

    zone "." IN {
        type hint;
        file "named.ca";
     };

    include "/etc/named.rfc1912.zones";
    // 正引きゾーン(elines.jp)の指定
    zone "elines.jp" {
        type master;
        file "elines.jp.wan";
        allow-update { none; };
    };
    // 逆引きゾーン(222.158.○○.△△)の指定
    zone "○○.158.222.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "○○.158.222.in-addr.arpa.db";
        allow-update { none; };
    };
};

※:上記をコピー&ペースト時はご注意ください。
  空白の全角スペースが入ってしまいます。(全角スペースを半角スペースに置き換えてください。)
 bindの設定について ( No.11 )
日時: 2008/03/02 10:12
名前: master

管理人さま

おかげさまで、正常に稼働しました。

物事の本質をとらえるということの大切さを改めて痛感いたしました。

もっと勉強しなければ。

Web・メールとサーバー構築がんばります。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.