はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 namedの設定でのエラー
日時: 2007/03/14 00:25
名前: TAKE

下のTomTomさんのスレッドを参考にしてみたのですが、
私もnamedの設定でエラーが出てしまいます。

?ログの有無   :エラーメッセージ↓
  (有:その内容):named 設定でエラー ::
zone localhost/IN: loaded serial 42
zone xxx.com/IN: loading master file xxx.com.db: file not found
_default/paradise-21.com/IN: file not found
zone 12.168.192.in-addr.arpa/IN: loading master file 12.168.192.in-addr.arpa.db: file not found
_default/12.168.192.in-addr.arpa/IN: file not found

=================================================
named.confの最下行に

// 正引きゾーン(xxx.com)の指定
zone "xxx.com" {
    type master;
    file "xxx.com.db";
    allow-update { none; };
};
// 逆引きゾーン(192.168.12.0/16)の指定
zone "12.168.192.in-addr.arpa" {
    type master;
    file "12.168.192.in-addr.arpa.db";
    allow-update { none; };
};

と書き足しています。



?Distribution  :Fedora Core
      Version:6
?Service Name  :
      Version:
?ネットワーク構成:Bフレッツ ルーター下にサーバー

この設定だけではダメでしょうか?
宜しければご教授下さい。
宜しくお願いいたします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: namedの設定でのエラー ( No.1 )
日時: 2007/03/14 01:09
名前: TomTom

こんばんは TAKEさん 

bindの設定で私も躓き管理者様にお世話になりました。今では何とかサーバー公開にいたることが出来ました。

さて、エラーメッセージに

zone xxx.com/IN: loading master file xxx.com.db: file not found

とあるので、正引きゾーンのファイルが見つからないぞというメッセージが・・・・・

こちらの設定はされてますか?
http://kajuhome.com/bind.shtml#n05

一度、# ls -l /var/named/ でディレクトリの中にxxx.com.dbファイルが存在するか調べてみては?

的を外していたら申し訳ありません。

TomTom

 Re: namedの設定でのエラー ( No.2 )
日時: 2007/03/14 01:41
名前: TAKE

TomTomさん、ありがとうございます。

# ls -l /var/named/ で調べた結果

-rw-r--r-- 1 root root  289 3月 5 23:27 12.168.192.in-addr.arpa.db
-rw-r--r-- 1 root root  366 3月 5 23:28 xxx.com.db
-rw-r--r-- 1 root root   1 3月 14 00:07 xxx.com.zone

は存在していました。

ですが、
-rw-r--r-- 1 root root ← ここはrootでいいのでしょうか?
全く見当違いの事を言っていたらすみません。

ご助言いただければありがたいです。
宜しくお願いいたします。
 Re: namedの設定でのエラー ( No.3 )
日時: 2007/03/14 06:44
名前: 管理者

bind-chrootは適用されていますか?

TomTomさんの時(参照:http://kajuhome.com/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=1075)もお聞きしましたが、以下の結果を教えてください。

# cat /etc/sysconfig/named

もし、結果に「ROOTDIR=/var/named/chroot」と言う様に書かれていたら、そこがnamedのベースディレクトリとなります。

「/var/named/chroot」を「/」と読み換えて「xxx.com.db」「12.168.192.in-addr.arpa.db」が存在しなければなりません。

例)本来の位置「/var/named/xxx.com.db」と「/var/named/12.168.192.in-addr.arpa.db」
  bind-chroot適用時は、以下となる。
    「/var/named/chroot/var/named/xxx.com.db」
    「/var/named/chroot/var/named/12.168.192.in-addr.arpa.db」
 Re: namedの設定でのエラー ( No.4 )
日時: 2007/03/14 10:51
名前: TAKE

管理人さま、お答え頂きありがとうございます。
# cat /etc/sysconfig/named の結果はこう出ました。

==========================================

# BIND named process options
# ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# Currently, you can use the following options:
#
# ROOTDIR="/some/where" -- will run named in a chroot environment.
#              you must set up the chroot environment
#              (install the bind-chroot package) before
#              doing this.
#
# OPTIONS="whatever"   -- These additional options will be passed to named
#              at startup. Don't add -t here, use ROOTDIR instead.
#
# ENABLE_ZONE_WRITE=yes -- If SELinux is disabled, then allow named to write
#              its zone files and create files in its $ROOTDIR/var         /named
#              directory, necessary for DDNS and slave zone transf         ers.
#              Slave zones should reside in the $ROOTDIR/var/named         /slaves
#              directory, in which case you would not need to enab         le zone
#              writes. If SELinux is enabled, you must use only th         e
#              'named_write_master_zones' variable to enable zone          writes.
#
# ENABLE_SDB=yes     -- This enables use of 'named_sdb', which has support
#            -- for the ldap, pgsql and dir zone database backends
#            -- compiled in, to be used instead of named.
#
# DISABLE_NAMED_DBUS=[1y]-- If NetworkManager is enabled in any runlevel, then
#              the initscript will by default enable named's D-BUS
#              support with the named -D option. This setting disa         bles
#              this behavior.

============================================================

/var/named/chroot/var/named/
の中に
xxx.com.db と
12.168.192.in-addr.arpa.db
を新しく作るということでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。


 Re: namedの設定でのエラー ( No.5 )
日時: 2007/03/14 15:11
名前: 管理者

> /var/named/chroot/var/named/
> の中に
> xxx.com.db と
> 12.168.192.in-addr.arpa.db
> を新しく作るということでしょうか?


新しく作成する必要はありません。
「bind-chroot」を適用すると、本来の「/etc/named.conf」と「/var/named/ゾーンファイル」は参照しなくなります。
その代わりに「/var/named/chroot」の位置を参照するので、既存のゾーンファイルを「/var/named/chroot/var/named/」配下に移動すればよいでしょう。
 Re: namedの設定でのエラー ( No.6 )
日時: 2007/03/14 22:50
名前: TAKE

管理人さま、ありがとうございます。

chrootを適用し、
ゾーンファイルを
/var/named/chroot/var/named/ 配下に移動すれば
namedを起動することができました。

管理人さま、TomTomさま、ありがとうございました。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.