はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/01/16
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

このスレッドはクローズされています。記事の閲覧のみとなります。

 clamav+amavisdの動作確認について。
日時: 2007/03/07 09:05
名前: nana

?不明点・障害内容:テストウイルスメールが届いてしまう。
?ログの有無   :
  (有:その内容):
?Distribution  :Fedora Core
      Version:6
?Service Name  :
      Version:
?ネットワーク構成:

clamav+amavisdの動作確認にて
試験用のウイルスを外部のアカウントからサーバアカウント宛に送信したところ
そのまま届いてしまいます。
/var/log/maillogにもウイルス検出のメッセージは見当たらないです。

この場合、設定が間違っているということでしょうか?

ただ、yumでClamavのアップデートがまだ行えずバージョンが古いままなのですが
それも関係したりするのでしょうか?

ウイルス検出できないのは問題なのでよろしくお願いします。

■ コンテンツ関連情報

 Re: clamav+amavisdの動作確認について。 ( No.1 )
日時: 2007/03/07 16:06
名前: 管理者

テストウイルスメールは、当サイトがご紹介している「eicar」でしょうか?
これであれば、「clamav」インストール直後のパターンファイルにあるので検出できます。

SMTPのフィルタ部分「/etc/amavisd/amavisd.conf(notify_method・forward_method)」やそのポートに携わる部分
「/etc/postfix/main.cf」や「/etc/postfix/master.cf」・「/etc/services」は正しく設定されていますか?

そのほか、「amavisd」や「clamd.amavisd」サービスを起動したけれど、「postfix」サービスを再起動しましたか?
良くあるのが「postfix」を再起動しなかった為、設定が反映されない場合が多く見受けられます。
 Re: clamav+amavisdの動作確認について。 ( No.2 )
日時: 2007/03/08 04:58
名前: nana

返答ありがとうございます。

まずは自分で色々と調べた結果解決できましたのでご連絡します。

テストウイルスメールは「eicar」を使用しました。
そしてなぜウイルスチェックが動作していなかったのかと言いますと、
Outlook Expressから鯖アカウント宛てに送信していたため
Windows用ウイルスソフトでウイルスメールがチェックされてしまっていました。

鯖から自分の鯖アカウント宛てにテストウイルスメールを送信したところ
ウイルスチェックの動作確認をすることができました。

ウイルスを発見したというメールもきちんと届いて
/var/log/maillogにもログが記載されていました。

大変お手数をおかけいたしました。
Windowsウイルスソフトもきちんと仕事してるんだなあと・・
痛感いたしました。

解決できましたのでこれにてクローズとさせていただきます。

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.