はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> ブログ・コンテンツ管理サーバ >> ブログサーバ(Movable Type Ver 5)の構築
動作確認 [ Fedora12 / Fedora13 / Fedora14 / Fedora15 / Fedora16 / Fedora17 / CentOS5 / CentOS6 ]
  1. Movable Typeパッケージの取得
  2. 事前準備
  3. Movable Typeの設置・確認
  4. データベースの初期設定
  5. Movable Typeの設定
    初期設定
    管理者ページにログイン
    ブログページ
  6. 注意事項

■ Movable Typeパッケージの取得

Movable Typeには、大きく分けて「ライセンスパック」・「個人ライセンス(無償)」の2種類があります。

以下、『Six Apart - Movable Type』殿のページより転用
(制限事項は変更される事がありますので、必ずオフィシャルサイトで確認してください。)

Six Apart - Movable Type】よりパッケージを取得します。
パッケージを取得するにはユーザー登録が必要となります。ユーザー登録完了後、ログインしてパッケージをダウンロードしてください。

以下の構築は【個人ライセンス(無償)】を使用して説明します。

ダウンロードしたパッケージは、2010年02月01日時点で[MT-5_01-ja.zip]、サーバには「/root」パスにアップロードしてあり、既に『Webサーバの構築(Apache)』が完了し、CGI(以下の事前準備参照)が「cgi-bin」で実行できる事を前提としています。

以降の手順は[MT-5_01-ja.zip]となっていますが、2011年07月26日時点での最新版[MT-5_12-ja.zip]でも動作確認しました。

■ 事前準備

Perl については Ver5.8.1 以上を使用して下さい。(Movable Type JP より抜粋)

Perl モジュール

Movable Typeは以下のいずれかのデータベースを使用します。ここでは、MySQLを使用するものとして事前にインストールしておきます。

MySQL-serverのインストール
# yum -y install mysql-server

MySQLの起動
【Fedora12 から Fedora15 / CentOS5 / CentOS6 の場合】
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start

【Fedora16以降 の場合】
# systemctl start mysqld.service

■ Movable Typeの設置・確認

パッケージの展開
# unzip MT-5_01-ja.zip
Archive:  MT-5_01-ja.zip
   creating: MT-5.01-ja/
  inflating: MT-5.01-ja/mt-add-notify.cgi
   creating: MT-5.01-ja/import/
   creating: MT-5.01-ja/php/

               :
               :
               :
  inflating: MT-5.01-ja/themes/classic_blog/theme.yaml
  inflating: MT-5.01-ja/themes/classic_blog/thumb-small.png
  inflating: MT-5.01-ja/themes/classic_blog/thumb.png
  inflating: MT-5.01-ja/themes/classic_blog/thumb-medium.png
  inflating: MT-5.01-ja/mt.cgi


展開したモジュールをCGI実行パスへ移動
# mv ./MT-5.01-ja/* /var/www/html/cgi-bin/


apacheプロセスで読み書き・実行できる様にオーナ・グループ変更
# chown -R apache:apache /var/www/html/cgi-bin/

生成するブログの公開先がドキュメントルート「/va/www/html/」にある場合は「html」の
オーナも「apache」である必要があります。(下記コマンドの方が無難かもしれません。)
# chown -R apache:apache /var/www/html/
ドキュメントルート「/var/www/html」直下に生成させる為、パーミッション変更
# chmod 777 /var/www/html

apacheの再起動
【Fedora12 から Fedora15 / CentOS5 / CentOS6 の場合】
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

【Fedora16以降 の場合】
# systemctl restart httpd.service

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/mt-check.cgi』でアクセスすると下記画面が表示されます

オプションモジュールの「XXXがインストールされていません」は以下のパッケージ名でインストールできます。
(パッケージ名の前に yum install -y を付加。例: yum install -y perl-Crypt-DSA)

Crypt::DSA
    ---> perl-Crypt-DSA

IPC::Run
    ---> perl-IPC-Run

Archive::Zip
    ---> perl-Archive-Zip

Crypt::SSLeay
    ---> perl-Crypt-SSLeay

GD
    ---> perl-GD

Archive::Tar
    ---> perl-Archive-Tar

Digest::SHA1
    ---> perl-Digest-SHA1

Image::Magick
    ---> ImageMagick-perl

Mail::Sendmail
    ---> perl-Mail-Sendmail

■ データベースの初期設定

ブログデータを保存するデータベースの初期設定を行います。

MySQLへログイン
# mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.1.42 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

「mt」というデータベースを作成
mysql> create database mt;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

管理DBをデフォルト(管理をカレント)
mysql> use mysql;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
Movable Typeがログインするユーザー名とパスワードを設定
以下は例として「ユーザー名:admin」「パスワード:password」としています。
このユーザー名とパスワードは、後述の「Movable Typeの設定」で必要となります。
mysql> grant usage on mt.* to admin@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

「mt」に対してすべての権限を「admin」に許す
mysql> grant all on mt.* to admin@localhost;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

終了
mysql> exit
Bye

■ Movable Typeの設定

Movable Type設定ファイルのコピー
# cp -p /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi-original /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi

設定ファイルの編集
# vi /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi
##          Movable Type configuration file                   ##
##                                                            ##
## This file defines system-wide settings for Movable Type    ##
## In total, there are over a hundred options, but only those ##
## critical for everyone are listed below.                    ##
##                                                            ##
## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.movabletype.org/documentation/appendices/config-directives/ ##

################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################

# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
Movable TypeのCGI実行パスを設定
CGIPath    http://kajuhome.com/cgi-bin/

# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory
# Note: Check the installation documentation to find out
# whether this is required for your environment.  If it is not,
# simply remove it or comment out the line by prepending a "#".
StaticWebPathパスを設定
StaticWebPath    http://kajuhome.com/cgi-bin/mt-static

#================ DATABASE SETTINGS ==================
#   CHANGE setting below that refer to databases
#   you will be using.

##### MYSQL #####
使用データベース「MySQL」の各種設定
ObjectDriver DBI::mysql
データベース名
Database mt
オール権限のユーザー名
DBUser admin
上記ユーザーのパスワード
DBPassword password
自サーバのホストDB使用
DBHost localhost

■ 初期設定

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/』でアクセスします

  1. 下記画面が表示されるので、画面中央にある『サインイン』をクリックします。
  2. 各項目に以下の値を入力(選択)して『Continue』ボタンをクリックします。
    • Username
          --> admin     :『データベースの初期設定』で作成したユーザ名
    • Display Name
          --> 管理者名   :ご自身の環境に合わせて設定
    • Email Address
          --> 管理者のメールアドレス :ご自身の環境に合わせて設定
    • Use this as system email address
          --> チェック
    • Language
          --> 日本語を選択
    • Password
          --> password   :『データベースの初期設定』で作成したユーザ名のパスワード
    • Confirm Password
          --> password   :上記と同じパスワードを入力(確認用)
  3. 各項目に以下の値を入力(選択)して『Finish install』ボタンをクリックします。
    • Website Name:サイト名を指定
    • Website URL:サイトを公開するURL名(当方は「http://kajuhome.com/blog」にしました)
    • Publishing Path:公開する自サーバのhtmlディレクトリ(当方は「/var/www/html/blog」にしました)
    • Theme:お好みでどうぞ
    • Time Zone:UTC+9(Japan Time)
  4. データベース初期化中画面が表示され、完了すると下記画面が表示されます。

■ 管理者ページにログイン

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/mt.cgi』でアクセスすると管理者ページのログイン画面となります。

Movable Type Ver5 の管理者ページ

■ ページ

初期設定「3」』で設定した「Website URL」を、Webブラウザでアクセスします。



上記は、試験的に記事タイトルを作成してみました。

■ 注意事項

■ コンテンツ関連

■ その他

ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2017 First home server construction. All Right Reserved.