はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> ブログ・コンテンツ管理サーバ >> ブログサーバ(Movable Type Ver 4)の構築
動作確認 [ Fedora7 / Fedora8 / Fedora9 / Fedora10 / Fedora11 ] 当該ページは凍結しました
  1. Movable Typeパッケージの取得
  2. 事前準備
  3. Movable Typeの設置・確認
  4. データベースの初期設定
  5. Movable Typeの設定
    初期設定
    管理者ページにログイン
    ブログページ
  6. 注意事項

■ Movable Typeパッケージの取得

Movable Typeには、大きく分けて「ライセンスパック」・「個人ライセンス(無償)」の2種類があります。

以下、『Six Apart - Movable Type』殿のページより転用

Six Apart - Movable Type】よりパッケージを取得します。
パッケージを取得するにはユーザー登録が必要となります。ユーザー登録完了後、ログインしてパッケージをダウンロードしてください。

以下の構築は【個人ライセンス(無償)】を使用して説明します。

ダウンロードしたパッケージは、2007年08月14日時点で[MT-4_0-ja.zip]、サーバには「/root」パスにアップロードしてあり、既に『Webサーバの構築(Apache)』が完了し、CGIが「cgi-bin」で実行できる事を前提としています。

■ 事前準備

Movable Typeは以下のいずれかのデータベースを使用します。ここでは、MySQLを使用するものとして事前にインストールしておきます。

また、Movable Typeが必要とする「ImageMagick-perl」もインストールします。

MySQL-serverのインストール
# yum -y install mysql-server

ImageMagick-perlのインストール
# yum -y install ImageMagick-perl


MySQLの起動
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
MySQLを初めて起動した時は以下のメッセージとなります。
MySQL データベースを初期化中:  Installing all prepared tables
Fill help tables

To start mysqld at boot time you have to copy support-files/mysql.server
to the right place for your system

PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:
/usr/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
/usr/bin/mysqladmin -u root -h fedora.kajuhome.com password 'new-password'
See the manual for more instructions.

You can start the MySQL daemon with:
cd /usr ; /usr/bin/mysqld_safe &

You can test the MySQL daemon with the benchmarks in the 'sql-bench' directory:
cd sql-bench ; perl run-all-tests

Please report any problems with the /usr/bin/mysqlbug script!

The latest information about MySQL is available on the web at
http://www.mysql.com
Support MySQL by buying support/licenses at http://shop.mysql.com
                                                           [  OK  ]
MySQL を起動中:                                            [  OK  ]

■ Movable Typeの設置・確認

パッケージの展開
# unzip MT-4_0-ja.zip
Archive:  MT-4_0-ja.zip
   creating: MT-4.0-ja/
   creating: MT-4.0-ja/tmpl/
   creating: MT-4.0-ja/tmpl/feeds/
  inflating: MT-4.0-ja/tmpl/feeds/feed_entry.tmpl
               :
               :
               :
  inflating: MT-4.0-ja/mt-config.cgi-original
  inflating: MT-4.0-ja/mt-feed.cgi
  inflating: MT-4.0-ja/mt-xmlrpc.cgi
  inflating: MT-4.0-ja/index.html
  inflating: MT-4.0-ja/mt-upgrade.cgi


展開したモジュールをCGI実行パスへ移動
# mv ./MT-4.0-ja/* /var/www/html/cgi-bin/


apacheプロセスで読み書き・実行できる様にオーナ・グループ変更
# chown -R apache:apache /var/www/html/cgi-bin/

生成するブログの公開先がドキュメントルート「/va/www/html/」にある場合は「html」の
オーナも「apache」である必要があります。(下記コマンドの方が無難かもしれません。)
# chown -R apache:apache /var/www/html/
ドキュメントルート「/var/www/html」直下に生成させる為、パーミッション変更
# chmod 777 /var/www/html

apacheの再起動
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/mt-check.cgi』でアクセスすると下記画面が表示されます

■ データベースの初期設定

ブログデータを保存するデータベースの初期設定を行います。

MySQLへログイン
# mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2 to server version: 4.1.16

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

「mt」というデータベースを作成
mysql> create database mt;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

管理DBをデフォルト(管理をカレント)
mysql> use mysql;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
Movable Typeがログインするユーザー名とパスワードを設定
以下は例として「ユーザー名:admin」「パスワード:password」としています。
このユーザー名とパスワードは、後述の「Movable Typeの設定」で必要となります。
mysql> grant usage on mt.* to admin@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

「mt」に対してすべての権限を「admin」に許す
mysql> grant all on mt.* to admin@localhost;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

終了
mysql> exit
Bye

■ Movable Typeの設定

Movable Type設定ファイルのコピー
# cp -p /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi-original /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi

設定ファイルの編集
# vi /var/www/html/cgi-bin/mt-config.cgi
##          Movable Type configuration file                   ##
##                                                            ##
## This file defines system-wide settings for Movable Type    ##
## In total, there are over a hundred options, but only those ##
## critical for everyone are listed below.                    ##
##                                                            ##
## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/config

################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################

# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
Movable TypeのCGI実行パスを設定
CGIPath    http://kajuhome.com/cgi-bin/

# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory
# Note: Check the installation documentation to find out
# whether this is required for your environment.  If it is not,
# simply remove it or comment out the line by prepending a "#".
StaticWebPathパスを設定
StaticWebPath    http://kajuhome.com/cgi-bin/mt-static

#================ DATABASE SETTINGS ==================
#   REMOVE all sections below that refer to databases
#   other than the one you will be using.

##### MYSQL #####
使用データベース「MySQL」の各種設定
ObjectDriver DBI::mysql
データベース名
Database mt
オール権限のユーザー名
DBUser admin
上記ユーザーのパスワード
DBPassword password
自サーバのホストDB使用
DBHost localhost

##### POSTGRESQL #####
すべてコメント
#ObjectDriver DBI::postgres
#Database DATABASE_NAME
#DBUser DATABASE_USERNAME
#DBPassword DATABASE_PASSWORD
#DBHost localhost

##### SQLITE #####
すべてコメント
#ObjectDriver DBI::sqlite
#Database /path/to/sqlite/database/file

##### BERKELEYDB #####
すべてコメント
#DataSource  /path/to/database/directory

■ 初期設定

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/mt.cgi』でアクセスすると下記画面が表示されます。

  1. 各項目に以下の値を入力(選択)して『インストールを続行』ボタンをクリックします。
    • ユーザー名
          --> admin     :『データベースの初期設定』で作成したユーザ名
    • 表示する名前
          --> 管理者名   :ご自身の環境に合わせて設定
    • メールアドレス
          --> 管理者のメールアドレス :ご自身の環境に合わせて設定
    • 使用言語
          --> 日本語を選択
    • パスワード
          --> password   :『データベースの初期設定』で作成したユーザ名のパスワード
    • パスワードを再入力
          --> password   :上記と同じパスワードを入力(確認用)
    • パスワード再設定用のフレーズ
          --> 適当値を入力 :パスワードを忘れた時に入力する設定値
  2. 「最初のブログを作成」で各項目を入力します。確認後『インストール』をクリック
    • ブログ名:ブログのタイトルを指定
    • ブログURL:ブログを公開するURL名(当方は「http://kajuhome.com/blog」にしました)
    • 公開パス:公開する自サーバのhtmlディレクトリ(当方は「/var/www/html/blog」にしました)
    • 時間帯(タイムゾーン):UTC+9(日本標準時)
  3. データベース初期化中画面が表示


  4. 『Movable Typeにサインイン』をクリック

■ 管理者ページにログイン

Webブラウザより『http://サーバアドレス/cgi-bin/mt.cgi』でアクセスすると管理者ページのログイン画面となります。

Movable Type Ver4 の管理者ページ

簡単に操作してみました。UI(user interface)は大きく変わりましたが、ユーザの作成やブログの内容を登録等に大きな変更は見当たりませんでした。
以前に触ったことがあるからかも知れませんが、ユーザにとって分かりやすいデザインになったような気もします。
(*:簡単な操作は、『ブログサーバ(Movable Type Ver 3.32)の構築』をご参照ください。)

■ ブログページ

初期設定「2」』で設定した「ブログURL」を、Webブラウザでアクセスします。

上記は、試験的に記事タイトルを作成してみました。

■ 注意事項

■ コンテンツ関連

■ その他

リーズナブルで抜群のスペック。パソコン工房
ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2016 First home server construction. All Right Reserved.