はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2016/07/22
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> メールサーバ

■ はじめに

メールアドレスは無料で提供している所が多々ありますが、ドメイン名「メールアドレスの"@"以降」は、当然提供している所のアドレスになります。

自宅サーバでメールサーバを構築すれば上記の束縛から解放され自分のドメイン名でメールの送受信ができる他、メールボックスの最大容量の制約もなくなり使い勝手がとても向上します。

■ コンテンツ

  1. メールサーバ(SMTP)の構築(Postfix)
    自サーバでメールの送信(SMTP)が行えるPostfixの構築
  2. バーチャルメールサーバの設定(Virtual Postfix)
    postfixによるバーチャルメールサーバ設定方法
  3. 複数ドメインメールアカウントで個別のメールボックス利用
    ドメインが異なるメールアドレスで、個別にメールボックス(Maildir形式)で管理する方法。この時、リアルドメインの「procmail」は動作可能
  4. postfixのセキュリティ設定
    postfixで行えるメールフィルタリング設定
  5. メールサーバ(POP/IMAP)の構築(Dovecot)
    自サーバでメールの受信(POP)が行えるDovecotの構築
  6. 通信内容暗号化(OpenSSL & mod_SSL) 〜 メール編 〜
    メールの送受信時の通信内容をsslによって暗号化する方法
  7. メールウイルス検出・駆除(AntiVir MailGate)
    メールの送受信時におけるウィルスチェックと駆除をサーバ側で行えるAntiVir MailGate の構築
  8. メールウイルス検出・駆除(clamav+amavisd)
    上記と同様にメールの送受信時にウィルス駆除をサーバ側で行える clamav+amavisd の構築
  9. メール転送機能(procmail)
    アカウント(ユーザ)宛に届いたメールを指定したアドレスに転送する方法や、メールをカスタマイズして転送する方法
  10. 外部メールの取り込み(fetchmail)
    外部のメールアカウントに届いたメールを自サーバに取り込む方法

■ コンテンツ関連情報

■ 広告

Core2 DuoのノートPC
ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2016 First home server construction. All Right Reserved.