はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2018/05/30
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> 当サイト情報 >> スレッド

このページは表示専用です。新規投稿・レスや最新情報はこちらです。

 BitTorrent の異物
日時: 2007/12/20 00:11
名前: もじゃ

お久しぶりです。

久々にというか、この時期になると Linux のISO イメージをDLしたくなる(笑
昨日、BitTorrent Ver.6 で、CentOS 5.1 をDLした。
来年早々届く、DELL サーバにインストするためにと落としたものだ。

話は CentOS のことではなく、BitTorrent Ver. 6 のこと。
これをインストール(Windowsに)すると、付属機能として通称DNAなるものがインストールされます。
CentOS しかり、Fedora しかり、DLした後に BitTorrent に用が無くなった方は

1.また使うかもしれないからと、そのままディスクに残している
2.不要だからとアンインストールしている。

BitTorrent を Windows にインストールすると自動でインストールされる、このDNAこと
btdna.exe は、実はスタートアップに登録され、サービスとして自動起動されるようになります。
気づく人はここで気づくのですが、超速?俊足?鈍足?Windowsが、妙に重くなる。
2でアンインストールした人。タスクマネージャよっく見てください!

止め方は、
1・2共通)コントロールパネルからDNAを起動、STOPさせる
1・2共通)タスクマネージャから btdna を探して終了させる。

しかし、この方法だと起動するたびにいちいち止めなきゃいけない。じゃあって、

1・2共通)レジストリ弄ってスタートアップから削除(大丈夫ですよって、やってみなはれ)

方法は様々だと思うが、2でアンインストした人向けな話。


2専用)すっかり削除する。
   方法は、コマンドプロンプトなどで、

    64ビット版 → "C:\Program Files (x86)\DNA\btdna.exe" /UNINSTALL
    32ビット版 → "C:\Program Files\DNA\btdna.exe" /UNINSTALL

   と、打ち込んでEnterすると、アンインストール!!

以上

■ コンテンツ関連情報

■ その他

ページ先頭へ


Copyright(©)2004-2018 First home server construction. All Right Reserved.