はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
Last Update 2017/02/18
[ 更新履歴 ] [ サイト マップ ] [ 質問掲示板 ] [ 雑談掲示板 ] [ リンク ]
トップ >> その他 >> 物理ディスクの増設
動作確認 [ FC1 / FC2 / FC3 / FC4 / FC5 / FC6 / Fedora7 / Fedora8 / Fedora9 / Fedora10 / Fedora11 / Fedora12 / Fedora13 / Fedora14 / Fedora15 / Fedora16 / CentOS4 / CentOS5 / CentOS6 ]
  1. はじめに・・・
  2. パーティションの作成
  3. ファイルシステムの作成
  4. ディスクのマウント
  5. 「fstab」へデバイスを登録
  6. ユーザーホームパスの拡張

■ はじめに・・・

最近はディスク自体の値段がとても手頃になってきました。
この際、手頃になったディスクを購入し、自サーバの既ディスクが満杯に近くなってしまった事もあり増設してみる事とします。

*:新規ディスクはサーバに接続済みとします。

ハードディスクのデバイス名は以下の様になっています。

説明するに当たり、当サイトはSATA(シリアルATAディスク)で2台目「/dev/sdb」を増設します。
また、パーティションを2つ作成する事とします。(皆さんはご自分の好みで作成してください。)

■ パーティションの作成

新規ディスクへパーティションを作成
# fdisk /dev/sdb
デバイスは正常な DOS 領域テーブルも、Sun, SGI や OSF ディスクラベルも
含んでいません
新たに DOS ディスクラベルを作成します。あなたが書き込みを決定するまで、変更は
メモリ内だけに残します。その後はもちろん以前の内容は修復不可能になります。

このディスクのシリンダ数は 15665 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)
警告: 領域テーブル 4 の不正なフラグ 0x0000 は w(書き込み)によって
正常になります

コマンドヘルプ表示
コマンド (m でヘルプ): m
コマンドの動作
   a   ブート可能フラグをつける
   b   bsd ディスクラベルを編集する
   c   dos 互換フラグをつける
   d   領域を削除する
   l   既知の領域タイプをリスト表示する
   m   このメニューを表示する
   n   新たに領域を作成する
   o   新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
   p   領域テーブルを表示する
   q   変更を保存せずに終了する
   s   空の Sun ディスクラベルを作成する
   t   領域のシステム ID を変更する
   u   表示/項目ユニットを変更する
   v   領域テーブルを照合する
   w   テーブルをディスクに書き込み、終了する
   x   特別な機能 (エキスパート専用)

領域タイプリスト表示
コマンド (m でヘルプ): l

 0  空              1c  Hidden W95 FAT3 70  DiskSecure Mult bb  隠し Boot Wizar
 1  FAT12           1e  Hidden W95 FAT1 75  PC/IX           be  Solaris boot
 2  XENIX root      24  NEC DOS         80  古い Minix      c1  DRDOS/sec (FAT-
 3  XENIX usr       39  Plan 9          81  Minix / 古い Li c4  DRDOS/sec (FAT-
 4  FAT16 <32M      3c  PartitionMagic  82  Linux スワップ  c6  DRDOS/sec (FAT-
 5  拡張領域        40  Venix 80286     83  Linux           c7  Syrinx
 6  FAT16           41  PPC PReP Boot   84  OS/2 隠し C: ド da  非 FS データ
 7  HPFS/NTFS       42  SFS             85  Linux 拡張領域  db  CP/M / CTOS / .
 8  AIX             4d  QNX4.x          86  NTFS ボリューム de  Dell ユーティリ
 9  AIX ブート可能  4e  QNX4.x 2nd part 87  NTFS ボリューム df  BootIt
 a  OS/2 ブートマネ 4f  QNX4.x 3rd part 8e  Linux LVM       e1  DOS access
 b  W95 FAT32       50  OnTrack DM      93  Amoeba          e3  DOS R/O
 c  W95 FAT32 (LBA) 51  OnTrack DM6 Aux 94  Amoeba BBT      e4  SpeedStor
 e  W95 FAT16 (LBA) 52  CP/M            9f  BSD/OS          eb  BeOS fs
 f  W95 Ext'd (LBA) 53  OnTrack DM6 Aux a0  IBM Thinkpad ハ ee  EFI GPT
10  OPUS            54  OnTrackDM6      a5  FreeBSD         ef  EFI (FAT-12/16/
11  隠し FAT12      55  EZ-Drive        a6  OpenBSD         f0  Linux/PA-RISC
12  Compaq 診断     56  Golden Bow      a7  NeXTSTEP        f1  SpeedStor
14  隠し FAT16 <32M 5c  Priam Edisk     a8  Darwin UFS      f4  SpeedStor
16  隠し FAT16      61  SpeedStor       a9  NetBSD          f2  DOS セカンダリ
17  隠し HPFS/NTFS  63  GNU HURD または ab  Darwin boot     fd  Linux raid 自動
18  AST SmartSleep  64  Novell Netware  b7  BSDI fs         fe  LANstep
1b  Hidden W95 FAT3 65  Novell Netware  b8  BSDI スワップ   ff  BBT

新規領域
コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
基本領域指定
p
1番目
領域番号 (1-4): 1
開始シリンダ(デフォルト指定[エンターキーのみでも可])
最初 シリンダ (1-512, default 1): 1
終了シリンダ(81920MByte[80GByte])
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-15665, default 15665): +81920M

新規領域(2個目のパーティション)
コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
基本領域指定
p
2番目
領域番号 (1-4): 2
開始シリンダ(デフォルト指定[空エンターキー押下])
最初 シリンダ (9962-15665, default 9962):
Using default value 9962
終了シリンダ(残り容量全て)
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (9962-15665, default 15665):
Using default value 15665

領域テーブルの表示
コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 128.8 GB, 128849018880 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 15665 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1        9961    80011701   83  Linux
/dev/sdb2            9962       15665    45817380   83  Linux

領域テーブルのディスクに書き込む
コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。

■ ファイルシステムの作成

1番目パーティションをファイルシステム(ext3)で作成
# mkfs -t ext3 /dev/sdb1
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
10010624 inodes, 20002925 blocks
1000146 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
611 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 35 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.


2番目パーティションをファイルシステム(ext3)で作成
# mkfs -t ext3 /dev/sdb2
mke2fs 1.35 (28-Feb-2004)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
5734400 inodes, 11454345 blocks
572717 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
350 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424

Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 36 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

■ ディスクのマウント

作成したディスクを使用するには、マウントしなければなりません。

ここでは、「/extdisk1」「/extdisk2」というパスを作成し、各々マウントする事とします。

マウントポジションの作成
# mkdir /extdisk1
# mkdir /extdisk2

デバイスのマウント
# mount /dev/sdb1 /extdisk1
# mount /dev/sdb2 /extdisk2

マウント情報の表示
# mount
/dev/sda2 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
none on /sys type sysfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
usbfs on /proc/bus/usb type usbfs (rw)
/dev/sda1 on /boot type ext3 (rw)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
/dev/sdb1 on /extdisk1 type ext3 (rw)
/dev/sdb2 on /extdisk2 type ext3 (rw)

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2              4538156   1241904   3065720  29% /
/dev/sda1               101086      6828     89039   8% /boot
none                     14392         0     14392   0% /dev/shm
/dev/sdb1             78755172     32828  74721760   1% /extdisk1
/dev/sdb2             45097572     32828  42773876   1% /extdisk2

■ 「fstab」へデバイスを登録

再起動しても自動マウントされるように「fstab」へデバイスを登録します。

「fstab」へデバイスを登録
# vi /etc/fstab
LABEL=/                 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
none                    /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
none                    /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
none                    /proc                   proc    defaults        0 0
none                    /sys                    sysfs   defaults        0 0
/dev/sda3               swap                    swap    defaults        0 0
/dev/cdrom              /mnt/cdrom              udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0
/dev/fd0                /mnt/floppy             auto    noauto,owner,kudzu 0 0
/dev/sdb1               /extdisk1               ext3    defaults        1 2
/dev/sdb2               /extdisk2               ext3    defaults        1 2

システムの再起動
# reboot

Broadcast message from root (pts/0) (Wed Jun 29 22:20:33 2005):

The system is going down for reboot NOW!

再起動後ファイルシステム確認
# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2              4538156   1241944   3065680  29% /
/dev/sda1               101086      6828     89039   8% /boot
none                     14392         0     14392   0% /dev/shm
/dev/sdb1             78755172     32828  74721760   1% /extdisk1
/dev/sdb2             45097572     32828  42773876   1% /extdisk2

■ ユーザーホームパスの拡張

現在当方のユーザホームパス「/home」は、ルートパス「/」に配置されています。

ユーザホームパスを違うパーティションに移す事により、ディスク障害時のユーザデータ損失を極力最小にすることや、使用できる容量を拡大することも可能になります。
(ディスク障害時はルート「/」と同一パーティションの障害の場合です。マウントもとのディスク・パーティション障害ではデータ損失を免れません
大切なデータは、日頃からバックアップする事をお勧めします。)

現在のパーティション情報表示
# fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 128.8 GB, 128849018880 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 15665 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1        9961    80011701   83  Linux
/dev/sdb2            9962       15665    45817380   83  Linux

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2              4538156   1241944   3065680  29% /
/dev/sda1               101086      6828     89039   8% /boot
none                     14392         0     14392   0% /dev/shm

注)上記のデバイス「/dev/sdb1」を「/home」にマウントする事とします


現在のユーザホームパス「/home」情報表示
# ls -l /home/
合計 12
drwxr-x---  9 linux   linux  4096  6月 20 13:12 linux

「/dev/sdb1」を「/home」にマウント
# mount /dev/sdb1 /home

ディスク容量表示
# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2              4538156   1241944   3065680  29% /
/dev/sda1               101086      6828     89039   8% /boot
none                     14392         0     14392   0% /dev/shm
ユーザホームパス「/home」のディスク容量が増えた。
/dev/sdb1             78755172     32828  74721760   1% /home


しかし、このままだと既に存在していたユーザホームのデータが消えてしまいます。

# ls -l /home/
合計 16
既に存在していたユーザ「linux」のホームパスがない
drwx------  2 root root 16384  6月 29 22:17 lost+found

マウントしたデバイスを一度取り外し、既存のデータを一度退避した後に再度マウントしてデータを戻します。

一度デバイスをはずす
# umount /home

ユーザホームパス「/home」の確認
# ls -l /home/
合計 12
drwxr-x---  9 linux   linux  4096  6月 20 13:12 linux

テンポラリパスの作成
# mkdir /home_bak
ユーザホームパスの退避
# mv /home/* /home_bak/
ユーザホームパス「/home」の確認
# ls -l /home
合計 0
退避先「/home_bak」の確認
# ls -l /home_bak/
合計 12
drwxr-x---  9 linux   linux  4096  6月 20 13:12 linux

「/dev/sdb1」を「/home」にマウント
# mount /dev/sdb1 /home
ディスク容量表示
# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda2              4538156   1235292   3072332  29% /
/dev/sda1               101086      6828     89039   8% /boot
none                     14392         0     14392   0% /dev/shm
/dev/sdb1             78755172     39488  74715100   1% /home

退避したユーザホームパス「/home_bak」のリストア
# mv /home_bak/* /home/
ユーザホームパス「/home」の確認
# ls -l /home
合計 28
drwxr-x---  9 linux linux   4096  6月 20 13:12 linux
drwx------  2 root  root   16384  6月 29 22:17 lost+found

「fstab」のデバイスを変更
# vi /etc/fstab
LABEL=/                 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
none                    /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
none                    /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
none                    /proc                   proc    defaults        0 0
none                    /sys                    sysfs   defaults        0 0
/dev/sda3               swap                    swap    defaults        0 0
/dev/cdrom              /mnt/cdrom              udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0
/dev/fd0                /mnt/floppy             auto    noauto,owner,kudzu 0 0
/dev/sdb1               /home                   ext3    defaults        1 2
/dev/sdb2               /extdisk2               ext3    defaults        1 2

■ コンテンツ関連

■ その他

リーズナブルで抜群のスペック。パソコン工房
ページ先頭へ

Copyright(©)2004-2016 First home server construction. All Right Reserved.